ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥 | main | 「闘将」星野仙一氏、逝く >>
There is a whole universe in a glass of wine
0
    午前10時起床。薄曇り。湿度40%

    今日も兄貴からの電話で起こされた。今から実家を出発するからね、とのこと。道が混んでなければ4、50分ほどでくるだろう。これはうかうかしていられないので起きだして、いつものように体重、体温、血圧を測定し、カレーライスを食べ始めたところで二人が部屋に入ってきた。

    ママンたちがくると分かった時点で玄関ドアの鍵は開けておくのが習慣なのである。

    ・・・

    今日は最初から部屋掃除をするとママンは気合が入っている。ガス台のまわりは向かって正面と左側がステンレスで囲ってあって、飛び跳ねた油から壁をガードしているのだけど、見るとママンが果敢にそのステンレスを拭きだした。ママンは背が低いから背伸びしたくらいではほとんど届かない。

    なので無理やりガス台の上の方によじ登って拭こうとしている。ピンちゃんは見ていて内心はらはらしてしまう。見かねた兄貴がとなりの部屋から椅子を持ってきたけれども、それでもあぶなかしい。なんだかガス臭いなと思ったら、ステンレス掃除に熱中しているママンが膝でガスコンロのスイッチを押しつけてガスが漏れているようだ。

    ほうっておいたら何が起こるか分からないなと思いながらガスの元栓を閉め、しばらくするとようやくガスコンロ周りの拭き掃除が終了したようである。ママンは得意げな顔をしているがやれやれである。

    あとはママンの怪我を心配するようなことはなさそうなので兄貴と二人で外出することにした。ちょうどいい機会だし、というか今日を逃すと次のチャンスがいつ来るか分からないのでブックオフにも連れて行ってもらうことにした。

    ・・・

    帰宅するとママンがやや誇らしげな、それでいて疑うような表情をしながら「ピン、これはお酒じゃないのか?」と問いただしてきた。視線の先には鬼ころしの紙パックがある。ああ、それは料理酒だよと言ったら意外にあっさりと「ああ、そうか」「なあんだ」という反応であった。まあ、特に嘘をついたわけじゃないけど妙に素直なママンなのである。

    実際は一合の1/3くらいを元日と二日に舐めてみたことは黙っておいた。余計なことを言ってややこしくなっても困る。

    ということで話題はお酒の話に移るのである。兄貴とママンは午後1時半頃無事に帰っていったのである。

    最近赤貧日記を読みだした方は知らないかもしれないけれども、かつてのピンちゃんは暇さえあればお酒ばかり飲む人で、このまま半アル中の警備員として過ごして一生が終わるのだろうなと半ばあきらめていた。せめても週末の休みに少しづつ気象学の勉強でもしようかしらと思ったり思わなかったりで、実際の休日はほとんど起きてる間中飲み続けるような状態だったのである。

    なぜそうなったのかは自分でもよく分からないけど、高校を卒業して札幌で一人暮らしの浪人生活をしていたとき既に飲み始めていた。最初はそれほど飲めなかったけど、徐々に体が慣れていったのは確かである。一年後に大学に受かり、大学寮に入った頃はいっぱしに飲めるつもりになっていた。

    地方国立大学の大学寮にはありがちではあるけど、ピンちゃんが入寮したところもお酒を大層好む人が多く、酔っ払っては気宇壮大な話やら何やら語り合ったものである。恥ずかしいから細かい内容は省くけど、いわゆるバンカラ風の大学寮でピンちゃんの酒量はさらに増えたのだった。

    増えたと言っても貧乏学生であるから毎晩晩酌のように飲むわけにはいかなかった。ただ、出費におけるアルコール関係の割合──ピンちゃんはバッカス係数と呼んでいたのだけど、そのバッカス係数はかなり高かった。

    その後、大学の助手などになり安定した収入のある数年間は更にどんどん飲むようになり、安定した低収入の警備員になってからもそういう状態は続いたのである。大学に入学してからほぼ30年間そんな感じだったのだ。

    なので慢性膵炎で入院したあと、いきなりお酒をすっぱりやめられるとは思っていなかった。かなり本格的なアル中になっていて、やめたくてもやめられないのではないかと思っていたのだ。

    それが今から1年10か月ほど前の事で、すっぱりやめて以降一滴も飲まないできた。今年のお正月に試しに舐めてみたけど、日本酒特有の匂いにむせる訳でもなく、記憶していた日本酒の味と匂いがしただけだった。意外とそんなものなのだなと淡々としたものではあるのだけど、だとすると30年間もあんなに飲み続けたのはいったいなんだったのだろうかと不思議に思ってしまう。

    特に結論もオチもないのだけど、ほんとうに不思議である。

    ・・・

    朝食
    カレーライス+生卵

    昼食
    ミルクコーヒー
    まるごとイチゴ
    みかん

    夕食
    ミルクコーヒー
    メンチカツバーガー
    もちふわパンケーキ

    ・・・

    体重47.0 体温36.2 血圧107-72

    10:50 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    10:50 タケキャブ錠20mg
    14:20 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    22:15 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    【追記】2018.01.06
    BOOKOFFで買ったもの
    文庫:¥108
    新書:¥108
    専門書:¥360

    〆て、576円の出費也。

    スーパーでもそこそこ買い物したのだけど、兄貴が出してくれたのとレシートを貰い損ねたので記載なし。


    ・・・
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6151
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE