ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 2017年12月の業務報告 | main | 我が国と世界の人々の幸せを祈ります >>
謹賀新年 2018
0
    午前11時起床。晴れ。湿度51%

    紅白歌合戦を見てからだらだらと今朝方まで起きていた。いい加減眠くなったので朝の8時頃だったかに布団にもぐり込み昼前にまた起きだしたという次第である。

    ・・・

    地球は太陽の周りを大体365日かけて一周しているから、ちょうど1年前も宇宙空間の同じ辺りに浮かんでいたのだなと思うとなかなかに感慨深い──というのは正確ではなくて、ほんとは太陽系全体が銀河系の中を移動しているから同じ辺りではないので話は複雑なのである。

    更にいえば、浮かんでいると書いたけれども実際の地球は v = 30 km/s という猛烈な速さで太陽の周りを楕円運動している。時速に換算するには3600倍すればいいのだから、時速108000 km/h である。ちょっと速すぎてイメージがつかめないけど、逆に光速は c = 3×10^5 km/s だから、光に比べれば地球の公転速度は1万分の1である。

    新年早々なんの話をしているのかわからないけど、何しろピンちゃんは物理の勉強に精を出しているから、ケプラーやニュートンが惑星の運動についていろいろ考えていたことに思いをはせているのである。夜空の星を眺めてどういう規則性があるか解明するなんて凄いよなあと感心しているのだ。

    ティコ・ブラーエ(1546〜1601年)
    ヨハネス・ケプラー(1571〜1630年)
    アイザック・ニュートン(1643〜1727年)

    ティコ・ブラーエが20年も休むことなく天体観測を続け、当時の肉眼観測では最も精密なデータを弟子のケプラーが引き継ぎ、それを解析することで現在ケプラーの法則と呼ばれている三法則にまとめ上げた。ケプラーの法則を大ざっぱに言えば、

    第一法則:太陽系というのは楕円軌道の焦点に太陽があり、その焦点を中心として水星、金星、地球、火星、木星などの惑星が楕円運動している。

    第2法則:その動き方は面積速度が一定で、つまりは太陽に近い時には速く、遠い時にはゆっくりと運動している。

    第3法則:惑星と太陽間の平均距離の3乗に公転周期の2乗が比例してる。

    当時はまだ科学的な考え方がはっきりとは確立されていなかったから、宗教的、神秘的な考えからなかなか抜け出せないでいた。地球が太陽の周りを巡っているのはいいとしても(地動説)、どういうメカニズムなのかは分かっていなかった。

    それを明らかにしたのがニュートンで、つまり地球と太陽は距離の2乗に反比例した引力で引っ張り合ってるという引力理論にまとめ上げた。しかも、ニュートン以前は天上(宇宙)と地上は別々の法則が適用されると考えられていたのを、実は全く同じ法則に支配されているということまで明らかにしてしまった。

    ケプラーの法則だって数学的にきちんと理解しようと思えばそんなに簡単でもないというのに、それを満足な観測装置もない400年前に解き明かしてしまうのだから感心せずにはいられない。この時代に活躍した物理学者は上に挙げた三人だけではないけど、17世紀のニュートン力学と18世紀の産業革命や熱学の発達で、欧州が世界の中心地になったのだなと納得してしまう。

    ピンちゃんは世界史はあまり詳しくないけど、科学史を足場に眺めてみるとこれがまた面白いのである。

    ・・・

    ところで、昨日というか深夜零時を過ぎてからだから新年になってからだけど、少しだけ日本酒を舐めてみた。一合の1/3くらいかな。偶然料理用に買った日本酒があったから、お正月だしまあいいかと思ってさ。すると少しだけ体が温まり、ちょっとアルコールがまわったような感覚があった。それ以上飲まなかったからそれでお終い。

    今日も同じように舐めてみたけど、胃も膵臓もなんともない。これくらいでは飲んだうちに入らないから当然ですね。まあ、そんな感じで特別の事は何もなく新年初日は終わったのだった。

    ・・・

    昼食
    お雑煮(切りもち2個)
    ごはん
    金の麺みそ
    ミルクコーヒー
    りんご

    夕食
    ごはん
    豚生姜焼き
    雑煮風スープ
    ミルクコーヒー

    ・・・

    体重47.5 体温36.6 血圧119-75

    12:20 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    12:20 タケキャブ錠20mg
    23:20 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    ・・・

    「不寛容な時代」大竹まことが介護タクシーの事例をあげて現代社会に苦言
    http://news.livedoor.com/article/detail/14088164/

    これ、大竹まことさんの言いたいことに反対ということじゃないのだけど、「不寛容」とも言えるし、意見をはっきり言うようになったという見方もできるんじゃないかとも思う。もともと日本人て自分を殺して周りに合わせる傾向が強かったでしょ。それが、嫌なら嫌だとはっきり言うようになった。

    内心子供の声がうるさいと思っても、昔なら近隣住民が近所にできる保育園の反対運動するなんて考えづらいことだった。それが今では若者じゃなくていい年をした大人が反対してる。この例は確かに「不寛容」だと思うけれども、単に余裕がなくなったとかイライラしてるから、という分析には違和感がある。そんなに社会全体がギスギスしてるかな?

    個人的なことを言えば、ピンちゃんは昔から何かというとすぐに「権利」を主張する人たちが嫌いだからいい傾向だとは思わない。しかし、こんな少数例から日本社会全体を云々できるはずもなく、個人主義的傾向が強まったのかもしれないと漠然と想像するだけなんだけど、イライラしてるといえばピンちゃんより年上世代のひとたちではないかなという気もしている。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6147
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE