ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 長い計算の末ケプラーは結論した | main | 2017年12月の業務報告 >>
さようなら、2017年
0
    正午30分起床。晴れ。湿度42%

    ああ、大晦日だというのに怠惰なことよのう。目が覚めたらお昼すぎてるし。

    まあいいや、せっかくの大晦日だしのんびりと過ごしましょう。一応旧年中の垢を洗い落とし身を清めて新年を迎えたいな。ということでお風呂に入り、今年最後の洗濯。部屋の中が乾燥しているので、部屋干ししてもすぐに洗濯物が乾くので助かります。

    ・・・

    とりあえず今日明日辺りはあまりあせって勉強せず、のんびり過ごします。

    ということで、2017年にお世話になった皆様に祝福あれ。

    ・・・

    昼食
    納豆ごはん
    雑煮風スープ

    夕食
    ごはん
    焼き紅鮭+もやし卵炒め
    雑煮風スープ
    ミルクコーヒー
    りんご
    天ぷらそば



    ・・・

    体重47.5 体温36.5 血圧119-76

    13:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    13:40 タケキャブ錠20mg
    16:10 入浴
    18:30 MTパッチ貼り替え ← 小さいの2枚
    18:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    はあ、大晦日だしお風呂に入って身を清めて気分がいいぜ。MTパッチの量を減らした(6.3→4.2mg)けど問題なし。来年さらに半分にできればかなりいいが。やはりオピオイド系の鎮痛剤は使わないですめばそれに越したことはないし。

    ・・・
    〇憂楽帳 根拠に基づく医療(毎日新聞 2017年12月28日 東京夕刊)
    https://mainichi.jp/articles/20171228/dde/041/070/045000c

    「憂楽帳」というのは毎日新聞夕刊のコラムなのかな。よく知らないけどたぶんそうなんでしょうね。大晦日にわざわざ取り上げるほどの内容でもないけど、短い割に問題含みなのでちょいとだけ。
     カズオ・イシグロ氏はノーベル文学賞の受賞会見で、世界に広がる社会の分断に懸念を示した。懸念は日本にも当てはまる。やじる群衆を一国の首相が「こんな人たち」と表現した例に象徴されるように、自分と異なる主張に対する不寛容が広がっている。

    まずはつかみでカズオイシグロ氏の話から安倍政権批判ですか。これをやらないと精神の安定が保てないのかもしれないけどご苦労なことです。

    しかし安倍総理が批判した「こんな人たち」というのは、わざわざ首相の応援演説を妨害するために小旗やらプラカードを用意して集まった共産党系の活動家、しばき隊などのひとたちのことで、単に主張が異なる程度の人たちではない。明確な反政府活動家の人々です。不寛容というならわざわざ妨害活動をしに来た活動家を批判すべきでしょう。相手の話を聞くことすら拒否して邪魔しに来てるんですから。どうして左派の人たちは自分たちのやることは大目に見るべき、みたいな甘えた考えなのだろうか。
     子宮頸(けい)がん予防のHPVワクチンに関する議論も同様だ。接種後に痛みや運動障害が起きたとして、積極的な勧奨が中止され4年半。同ワクチンの有効性、安全性を疑う人がいる半面、それらを取り上げた報道をマスコミ挙げての反ワクチンキャンペーンとみなす人がいる。双方の断絶はSNSなどを通じて深まる一方だ。

    ここから突然自己弁護が始まります。世界的に効果が認められている子宮頸がんワクチンが日本においてはマスコミの「反ワクチンキャンペーン」で潰されたのは明らかな事実で、断絶とかそういう問題ではなく日本のマスコミのミスリードでしょう。それを認めるのが嫌でぐだぐだ言い訳をしてるのです。何かしら断絶があるのなら、説明する責任はマスコミ側にあります。
     世界で蓄積された科学的根拠(エビデンス)は同ワクチンの有効性、安全性を示している。だが「だから従え」という短絡化は難しい。

    最近「エビデンス」という言葉をよく見かけるけど、毎日新聞の中の人はどういう意味で使っているのだろうか。効果があることが科学的に実証されているから日本政府がワクチン接種を推奨した。それを、恐らくはかなり珍しい副作用例らしきものを見つけ出して大騒ぎした挙句に潰したのがマスコミの皆さんでしょ?

    日本政府が強引に「だから従え」と押し付けようとしたみたいな言い方してるけど、押し付けるどころかマスコミのヒステリー報道に怖気づいて子宮頸がんワクチンの接種推奨を引っ込めてしまった。むしろ、マスコミを敵に回してでもワクチンの有効性を主張すべきだった。日本政府はその弱腰の方を批判されるべきでしょう。これでは話が全く逆です。
    科学的根拠に基づく医療では「患者の価値観」も大きな要素だ。重要なのは、正確な知識を前提とした専門家との対話だろう。

    だからマスコミは正確な知識を報道すればいいのに、大袈裟に騒いでいかにも政府がおかしなことをやっているが如くのキャンペーンをぶち上げて潰した。その言い訳がこれですか?福島の放射能でもそうだけど、むしろ不正確な知識を広めて話を混乱させてきたのが日本のマスコミの人たちです。
     社会の分断を埋める役割は文学だけに求められるものではない、と自戒を込めて思う。【高野聡】

    最後に形だけ反省したふりの高野聡くんだけど、内心は自分たちの報道が批判されているのが不満なのでしょう。謙虚に反省するという姿勢に最も欠けているのが日本のマスコミの人たちです。こんな短いコラムでも政府批判と自己弁護をしないと気が済まないのが日本の左派マスコミで、彼らがことあるごとに日本の足を引っ張る困った存在なのです。
    | 日記 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    明けましておめでとうございます。
    2017年は怒涛の1年でしたね。2018年はピンちゃんにとって平穏な1年でありますよう願っております。パッチの量も減ったみたいだし、体重もじわじわ増えているし、全て順調ですね。
    | 東京のおやじ | 2018/01/01 7:03 AM |
    東京のおやじさんへ
    あけましておめでとうございます。旧年中はおせわになりました。今年もよろしくお願いいたします。
    | ピンちゃん | 2018/01/01 11:12 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6144
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE