ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 仕事納めならぬ用事納め | main | さようなら、2017年 >>
長い計算の末ケプラーは結論した
0
    午前8時50分起床。薄曇り。湿度36%

    おっと、今日は土曜なのか。まったく曜日感覚がなくなってるピンちゃんですがみなさま如何お過ごしでしょう。世間的には年末年始の休みに突入しているんでしょうね。毎日休みのピンちゃんには関係ありませんが、なにはともあれ今年もあと少し。

    ・・・

    昨日の赤貧日記で確率統計の勉強に寄り道してると書いたのだけど、使っている教科書はいつだったかブックオフで見かけて購入しておいたものです。ピンちゃんの地元には理系の大学がないので物理や数学の本格的な専門書をブックオフで見かけることはほとんどないのだけど、この確率統計の教科書は高専の学生さん用に企画されたものらしい。

    そしてこれが分かりやすい。地元に高専があるので、そこの3年生か4年生あたりの学生さんが使っていたんだろうな。シリーズものらしくて線形代数とか微積分の教科書もあるらしく、そっちも気になってしまう。アマゾンで頼めばすぐに届いてしまうから迷ってしまいます。

    まあ、あまり寄り道ばかりもしていられないのでまずは統計確率だけにしておきますが、2週間以内に終わるかな。問題を全て解きながらだとなかなかすすまない。

    ・・・

    深夜に『地球が静止する日』という映画が放映されていた。それ以外に『デッドマン・ウォーキング』という映画やアニメもやっていて、それぞれ始まる時間が微妙に違ったりして、結局まよいながらも『地球が静止する日』を観はじめた。

    地球が静止する日 [Blu-ray]
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-07-05)売り上げランキング: 19,304


    この映画、科学者が強引に招集されるシーンから始まる。何事かと思えば地球に何かが衝突すると大騒ぎしてる。このへんはすでに定番になっているのか誰が作っても似たような感じになりますね。日本映画『シン・ゴジラ』でも生物学者が官邸に呼ばれていたけど、どちらかというと日本の方がリアリティがある。突然呼ばれてくる学者なんてあんなもんだよなあ(笑)。

    この辺まで見ていて、ひょっとして前に観たかなあ、観たような気がするなあと思いはじめ、ひょっとしてギャグ映画だったのか?と驚いて見直してしまう巨大ロボがでてきたあたりでかなり思い出していた。ああ、キアヌ・リーブスがでてたやつか、、、orz

    しょうがないから最後まで見ていたけど、こんな映画でも何百億も集めて作ったんだろうなと思うと資本主義って凄いなと感心してしまう。これ、話の大枠はそのままでも別の人が作れば面白いものになりそうな雰囲気もあるんだけど、残念な出来栄えの映画になっております。

    ・・・

    朝食
    納豆ごはん
    豚汁
    エネーボ

    昼食
    ミルクコーヒー
    バターロール
    どら焼き ← 病院でママンがくれた

    夕食
    ごはん
    みよしの餃子
    雑煮風スープ

    ・・・

    体重47.8 体温36.1 血圧107-70

    09:30 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    09:30 タケキャブ錠20mg
    14:00 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    25:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    ・・・
    平均年齢68歳「よど号グループ」ウェブサイト立ち上げ
    http://www.sankei.com/premium/news/171228/prm1712280002-n1.html

    「帰国実現に向け、私たちの見解や生き様などを丸ごと知ってもらい、議論の輪を広げたい」

    拉致被害者より先に日本の土を踏めるとでも思ってるのか、このおたんこなすどもは。というか日本に君らの居場所などない。迷惑だから一生北朝鮮で暮らしていておくれ。

    「かつては忌避していた愛国思想に目覚めた」

    目ざめるのは勝手だが、だからどうした。知らんがな。

    「よど号事件は革命戦士ごっこだった」「今思えば、ばかな行為だったと言われても仕方ない」

    みんな分かってるから安心しなさい。二十歳かそこらで親のすねかじりの分際でなにが革命だよ。だからサヨクは嫌いだ。いまごろ泣き言を言い出しても遅すぎる。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6143
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE