ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 創世記「はじめに光ありき」 | main | 命短したすきに長し恋せよ乙女 >>
variational principle 何かが最小になっている!
0
    午前11時起床。晴れ。湿度26%

    ピンポン、ピンポ〜ン♪

    ということで、目が覚めてほとんど反射的に飛び起きた。何も考えてなかったのにやはり身体が反応しちゃう。ということで予想通りアマゾンの宅配便でございました。もうね、カードで買うとお金を使った気がしないからついついまた買っちゃいました。書名は内緒だけどもちろん物理の本です。

    ぱらぱら眺めただけですばらしい内容であることがわかる。はっきりいって予想以上に良い。中古品で2200円くらいのもあったのだけど、思い切って新品6千円のやつを買ってよかった。これならそのくらいだしても惜しくありません。いやー、勉強するのが楽しみだなあ。

    ・・・

    我慢しきれず第1章だけよんだのだけど、ほんといいよ。あとで数式などをきちんと確かめないといけないけど、かつてこれほど分かりやすい導入部があっただろうか、いや、ない。ネバー!ちゅうことで浮かれているピンちゃんでございます。

    いかんいかん、予定通りに『必修物理』の下巻を読み切らなければ。ものごとには順序というものがありますからなあ。『必修物理』が終わったら次はいよいよ電磁気と解析力学の復習に突入いたします。その後統計力学をやればようやく量子力学にいけるぜ。まだまだ道のりは遠いが一歩一歩着実に進めなくてはね。

    ・・・

    【北海道LOVE】目撃!にっぽん選「執念〜三船遭難事件から72年〜」

    昼前にNHKでやっていたのだけど、たぶん北海道ローカルの番組なんだろうな。敗戦の日1945年8月15日を過ぎてから、樺太からの引き揚げ船三隻が国籍不明の潜水艦の攻撃を受け、女性や子供など1700人以上が犠牲となった「三船遭難事件」というのがあったそうです。何となく聞いたことはあるかなあという程度で、ピンちゃんもよく知らなかった。

    どうやらロシアの潜水艦だったみたいだけど、碌なことしないなロスケの野郎ども!ぷんぷん。ということで、事件の詳細を明らかにするために永谷保彦さんというかたが執念で活動を続けていたんですね。どうやら亡くなったらしく、その最後の1月を番組にしたみたいです。

    この永谷さんという方がほんとに気合が入っていて、まずは犠牲者名簿を独力で作り上げ、事件の概要をアニメにして日本全国で上映して回ったりしていたそうです。なんと森繁久彌がナレーション、歌が加藤登紀子と内容も気合が入っていて、永谷さんはほとんど私財をなげうってアニメを完成にこぎつけた由。

    世の中にはいろんなひとがいるものだけど、やはり戦争の傷跡というものはそう簡単には消えないのですね。畢竟、実際に被害にあった人たちが亡くなっても、当時の事が語り継がれることでひとびとの記憶として残り続ける。それがいいことなのかどうかといえば、ピンちゃんはやはり必要なことなんだろうと思います。

    誰かを恨んだり非難するためではなく、二度とそのようなことが起こらないよう、鎮魂の気持ちを込めて語りつづけることは必要なんでしょう。

    ・・・

    昼食
    エネーボ
    納豆ごはん
    煮物
    緑茶

    夕食
    ミルクコーヒー
    ごはん
    豚ロースソテー
    煮物
    緑茶
    ミルクコーヒー

    ・・・

    体重45.0 体温36.4 血圧112-76

    12:30 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    12:30 タケキャブ錠20mg
    14:20 入浴
    22:20 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    ・・・

    〇零戦、6機目が新造作業中 2018年の初飛行を目指す
    http://www.sankei.com/premium/news/171125/prm1711250003-n2.html



    いやまあ、平和主義者のみなさんが戦争は二度と繰り返してはならない、戦争とは悲惨なものですと主張するのは分かるのだけど、それとは別にこういう映像を見るとわくわくしますよね。単純にかっこいいし。実際の戦争はいやだけど戦争映画は面白いという。

    実際に殴られるのは嫌だけどアクション映画は面白いのと同じことなので平和主義者の皆さんもそのへんは大目に見て下さいね。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6112
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE