ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 何かが最小になっている | main | 葦原の中つ国より >>
元始、女性は太陽であった
0
    午前10時20分起床。曇り。湿度54%

    目が覚めたら10時過ぎていた。熟睡したので気持ちがいい。取りあえず起きだしテレビを点けるとサンジャポで山尾志桜里さんの話題。ピンちゃんにとって山尾さんといえば一目見た時から安藤優子さんに似てるなーと、そのことばかり気になっていた。

    政治家としては蓮舫さんと同様で口だけやかましくて大したことは出来ないタイプだろう。ネットでは「保育園落ちた日本死ね」「ガソリーヌ山尾」などで注目は集めていたのは知っていたけど話題だけの人。

    と思っていたらまさかの民進党幹事長抜擢。まじかよと驚く間もなく不倫騒動から離党。それにもめげず当選とアップダウンの激しい人生ですね。他人事だし不倫なんてどうでもいいけど、最後まで認めないというのも凄いよね。一言で言えば恥知らず。しかも不倫相手と言われてる若い弁護士を秘書(政策顧問?)にするとか完全に判断力を失ってる。

    「むき出しの好奇心には屈しない」

    なかなかの名言。しかも闘志にあふれてる。もしもほんとに潔白で、4日間連続して深夜のホテルに籠ったりしたけど清い間柄やましいことは一切ございません、ということであれば一応筋は通っている。本人もそのつもりで、あくまで何もなかったというストーリーを押し通すつもりなんでしょう。

    じゃあなぜ離党したんだよ、などと野暮なことは言わない。力強く我が道を進んで下され。

    ・・・

    Eテレで将棋を見ていたのだけど解説の木村一基九段がうるさくてまいった。屋敷さんと若手の対局だったのだけど、序盤はすごい勢いで相穴熊に囲っていく。相穴熊だとお互いがきっちり王様を固めたあと決戦となるのだろう。とりあえず駒が組みあがるまで黙って見てればいいものを、木村九段がごちゃごちゃしゃべりまくる。

    ほんとチャンネル変えようかと思った。手が進んでいるときごちゃごちゃいうから本譜がどうなってるのか分からないし、手が落ち着いたと思ったら今度は大人しくなる。逆だろ、逆。手が落ち着いたところでじっくり解説しろよハゲ。

    ・・・

    日曜イベントアワー『ジャッジ・ドレッド』鑑賞。

    ジャッジ・ドレッド [DVD]
    東芝デジタルフロンティア (1998-08-21)売り上げランキング: 85,004


    『核戦争によって壊滅的なダメージを受けた地球には、3つのメガシティと呼ばれる人口過密都市が残された。そのひとつ、元はニューヨークと呼ばれた地に建設された〈メガシティ・ワン〉では、過度な人口過剰により社会秩序が崩壊し、都市は荒廃しきっていた。その中で、唯一秩序を守っているのが“ジャッジ"と呼ばれる特殊訓練を受けた超エリート達による究極の治安維持部隊である。彼らは、罪を犯した者を逮捕し、その場で判決を下し、刑罰を与える絶対的権力を持っていた』
    テレビ番組欄より引用

    最近は映画より物理の勉強を優先させているピンちゃんだけど、これは面白そうなので真剣にみてしまった。1995年の作品の由。こんな映画があるとはまったく知らなかった。秩序の崩壊した近未来が舞台となれば『ブレードランナー』と似たような設定ではないか。ますます興味深い。

    出だしからギャグなのか本気で作ってるのかよくわからない雰囲気で、主演はスタローンだしダイアンレインもでてるから本気なんだろうなと考えるしかない。近未来SFだし小物にもお金がかかっていそうだし製作費はかなりのものだろう。にもかかわらずセンスがない。

    ジャッジが身に着けている制服(防護服?)から高機能拳銃、空飛ぶバイクとどれをみてもださい。まるで漫画だ。と思ったら原作は実際に漫画らしく、その雰囲気を映像化するとこんなことになってしまうのかな。

    ひとつ謎なのはジャッジは法の番人&執行者として絶大な権力をもっているのに、引退するとメガシティの外の世界──「呪われた地」に出て行き「ロングウォーク」と呼ばれる苦行でもって人生の最後を迎えるらしい。聖書とか何かの話を基にした設定なのかな。なぜそんなルールになっているのかが不明。

    脚本はそれなりに練られていて、というか必要な要素は十分に揃ってるんだけど、組み合わせ方が悪い。誰が作ったかわからないけど、うまくやれば傑作になる映画なのにもったいない。これじゃあ予算をかけたB級映画で『ブレードランナー』の足元にも及ばない。

    ・・・

    数学のお勉強をしていて『シン・ゴジラ』をやってるのに気付かなかった。orz

    ちょうど区切りがよかったんでテレビを点けたらはじまってた。時間は9時6分。ふう、命拾いしたぜ。まだ始まったばかりだ。

    確か映画館で2回観たのだけど、テレビで見ると東日本大震災とオーバーラップして妙な現実感がある。総理役の大杉漣さんの演技が良かった。半分くらいは菅直人さんがモデルだと思うけど、単なるアホみたいに描いていない点がよい。

    話は脱線するけど、東日本大震災みたいな巨大地震、大津波、福島第一原子力発電所の放射能漏れが同時に起これば自民党政権であったとしても大混乱になったでしょう。あの時の事で一方的に民主党を批判するのはかわいそうだと思う。

    何しろ想定外の大災害の中、民主党もできる限りのことはしたのでしょう。批判は批判として、状況の分析は冷静にしないとね。自民党でも大混乱になったのは確実だけど、一週間か二週間、或いは一か月、三か月、状況が落ち着いてきたどこかの時点からか自民党の対応力の方が上回ったとは思うけどさ。

    それにしても自社さ政権の時に阪神淡路大震災、民主党政権の時に東日本大震災と、野党が政権取ると縁起が悪いのは事実だよね。どちらも国難と言ってもいいくらいの大災害なのに巡り合わせとは怖いものだ。

    ということで、映画『シン・ゴジラ』は面白かったです。

    ・・・

    昼食
    エネーボ
    栗ごはん
    目玉焼き+魚肉ソーセ
    かじか汁
    りんご
    緑茶
    ミルクコーヒー

    夕食
    栗ごはん
    焼き紅鮭
    ポトフ
    緑茶

    やはり味噌味のものよりは塩味でさっぱりした野菜スープのほうがいいみたいだ。今日の夕飯は美味しく食べられた。食欲は病気になる前とそれほど変わらないくらいある。

    ・・・

    体重46.8 体温36.3 体温104-71

    12:50 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    12:50 タケキャブ錠20mg
    19:00 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6090
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE