ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 冬の気立ち始め、いよいよ冷ゆれば也 | main | 抗がん剤治療:8コース3週目 悪性腫瘍縮小セリ! >>
新虫歯治療9回目:1680円(14790円)
0
    午前9時30分起床。薄曇り。湿度73%

    今日も夜更かしからプチ寝坊コース。うーむ、こんなことではいかんと思うのだけどどうにも生活のリズムが改まらない。深夜零時を過ぎてから物理の本を読みだしたりすると止まらなくなるのだ。

    ・・・

    ピンちゃんの場合週の区切りは土日ではなく水木。歯医者さんと抗がん剤治療で、ああ、また一週間たったなと実感します。今日も歯医者で右下奥歯の治療の続き。何をやってるのかよく分からないのだけど、被せ物をしてこまかく削ったり研いたりの微調整。更にはまたもやかみ合わせの歯型を取ったり。

    なぜ同じようなことを繰り返すのか理解はできないけど、とにかくすべて歯医者さんにおまかせ。虫歯全て治療し終わるまで体調がよければいいのだが。

    ・・・

    かれこれ1月半くらいかかってようやく『必修物理(上)』を読破した。最後の方の波動、温度の部分はもう少しじっくり考えたかったのだけど、それをやってると時間がかかりすぎるので先を急いだ。とにかく赤貧日記の番外編エントリとして発表できてよかった。

    本好きの人なら分かってもらえると思うけど、自分の本棚を他人に覗かれるのはとても気恥ずかしいものである。そして、今何を読んでいるかを知られるのもなぜか恥ずかしい。少なくともピンちゃんはそうなのである。

    なので、高校の物理を復習しているとは何度も書いていたけど、どの本を復習しているのかは伏せておいた。興味のある方は下のエントリを読んでもらうとして、『必修物理』にはピンちゃんの思い出があったから余計に恥ずかしい気持ちがあったのだ。

    この調子でどんどん復習を進めて行って、ピンちゃんが想定しているルートは以下のようなものになってる。

    特殊相対性理論 ← 力学+電磁気学+ベクトル解析とテンソル

    量子力学 ← 力学+解析力学+電磁気学+統計力学

    上の二つが終わればディラックの相対論的量子力学に統合されるのだけど、そこから素粒子論の初歩をやればベータ崩壊理論までたどり着けると思う。一般相対性理論は量子力学とはあまり関係なく特殊相対論の続きとして存在している。

    まあ、特殊相対論も量子力学も全く知らない訳じゃないから1年までかからないと思うけど、どうかなあ。あまり寄り道しなければなんとかなるんじゃないかな。ピンちゃんとしては一般相対論の方は趣味でやることだからそんなに急がないけど、量子力学から非相対論的な場の理論にすすんでもともとの専門だった物性理論方面の最先端に追いつきたい。

    とまあ、こういう夢を語っているととても楽しいなあ。

    ・・・

    朝食
    エネーボ

    昼食
    ミルクコーヒー
    さつまいも ← ママンからの配給品でごわす
    マルちゃん正麺芳醇こく醤油 ← コンビニのくじで当たった

    夕食
    ごはん
    ウインナーピーマン椎茸炒め
    緑茶
    ミルクコーヒー





    マルちゃん正麺は美味しかったけれど、量が足りない。普通のカップ麺を食べて量が少ないと感じるところまで食欲は回復したようだ。

    ピーマンと椎茸もママンからの配給品。写真の炒め物は油も少々使い味付けも濃いめ。

    ・・・

    体重46.0 体温36.8 血圧107-70

    13:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    13:40 タケキャブ錠20mg
    19:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    朝起きてエネーボのあとすぐに薬を飲めばよかったのにすっかり忘れていた。訪問介護のひとがチャイムを鳴らしたときに気づいたけど、待たせるのも悪くて1回分抜きになった。

    ・・・
    〇日本が伝えない「バカ大統領」自殺の真実
    http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2009/06/post-27.php

    盧武鉉(ノ・ムヒョン)さんが亡くなってから8年もたったのか。この記事は8年前、盧武鉉さんの死後一月たってから書かれたもので、タイトルを読んで期待したような真実は書れていてない。韓国社会が盧武鉉さんの死をどのように受け止めているか日本人にも知って欲しくて書かれたようだ。

    一言で言えば盧武鉉さんは韓国人にとっては愛すべきバカであった。失言やおっちょこちょいな行動は多かったけれども、高卒でなんのバックアップもなく韓国大統領にまで上り詰めた庶民の希望の星でもあった。

    日本人としては外側から眺めるしかないから韓国社会が盧武鉉さんの死に罪悪感を感じていたとは知らなかった。知ったからといって盧武鉉さんのことを再評価する気にはならないし、事実関係を思い出すにつけ、盧武鉉さんが大統領になったのは日韓両国にとって大きな不幸だったという率直な感想は変わらない。



    現在の韓国大統領である文在寅氏は盧武鉉政権時代に秘書室長を務めたこともあり、人権派弁護士から政治家への転身という意味でもかなり似た経歴の持ち主である。政治姿勢も似ているから日本にとってはあまり好ましい大統領とは言えないが、政治家としての能力まで似ていないことを祈らずにはいられない。

    〇盧武鉉の「生き写し」韓国新大統領、文在寅の末路が目に浮かぶ
    http://ironna.jp/article/6532?p=1

    この記事も少し昔のもので、文在寅氏が大統領になった直後のようだから今年の5月前半である。いろいろ書いてあるけれど、タイトルにあるように文在寅大統領は故盧武鉉氏の二の舞になる可能性が高いという予想である。
     最後に大胆な予言をしてみたい。数年の後に韓国人は文政権に失望し、「すべては文大統領のせいだ!」と叫び出すだろう。かつての盧政権末期がそうであったように。

    文末にある大胆な予言が当たるかどうか気になるところではあるけど、ピンちゃんは確認することはできないだろうなあ。この予言が当たるようなら韓国社会はまったく進歩しなかったということになるのだが。

    〇米中ロがうごめく「金正恩後の北朝鮮」分割案
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/102000134/?P=1

    久しぶりに鈴置高史氏の記事を読んでみた。相変わらず面白い。米中ロの大国が入り乱れ「金正恩後の北朝鮮」分割案について綱引きをしているのではないかという内容。どこまで当っているのかわからないけど、刈上げ君がいくら力みかえっても所詮北朝鮮に大した実力はない。半島国家は大国の思惑で引きずり回される運命にあるようだ。

    〇米国はいつ「韓国放棄カード」を切るのか
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/102500135/?P=1

    誰もが首をかしげる中韓通貨スワップの裏側についての話題。韓国のTHAAD配備から一貫して中国は韓国をいじめつづけてきたけれど、さすがにやりすぎたと反省したのかと思いきや、そんな甘い話ではなかったようだ。

    韓国は「アジアのバランサー」などと世迷言を言い出したのは盧武鉉さんだけど、いまや韓国は米中の間で完全な股裂き状態になっているようだ。

    〇中国に「降伏文書」を差し出した韓国
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/110200136/
    韓国が中国に表明した「3NO」

    米国とMDは構築しない
    THAAD追加配備は容認しない
    日米韓3国同盟は結成しない

    ということで、遂に韓国は中国の膝下に組み敷かれたようです。まあ、歴史的にみて朝鮮半島の国家は中国には逆らえないということなんでしょうね。北朝鮮は刈上げ君が大の中国嫌いで反抗してるけどどうなることやら。

    それにしてもトランプ大統領の訪韓にぶつけて「中韓合意文書」とは凄い話だ。日本ではまだあまり騒がれていないようだけど。

    韓国は日米の手厚い保護のもと「漢江の奇跡」を成し遂げ、あと一歩で先進諸国の仲間入りのところまできたけれど、哀れその一歩手前で中華帝国の属国に舞い戻ったということです。うーむ、朝鮮半島は激動の時代に入ってるね。

    ・・・

    トランプ大統領のアジア歴訪で久しぶりに韓国のことが気になって集中的に韓国関連の記事を読んでみたらば、思っていたより大変なことになっていた。どうすんだろ、これ。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6086
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE