ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 皇后さま 83歳の誕生日 | main | That's one small step for Japanese >>
アイヌ ネノ アン アイヌ
0
    午前10時20分起床。晴れ。湿度56%

    ああ、また寝坊。これがいけないんだよな、などと反省しながら起きだした。土曜日だよなとぼんやりとしながらテレビを点けるとNHKで、

    【北海道LOVE】こころの時代選「アイヌ ネノ アン アイヌ〜人間らしい人間」

    という番組をやっていた。北海道ローカルの再放送だろうか。テレビ番組欄から「番組内容」をコピペしたのが以下である。
    浦川治造さんは昭和13年、北海道浦河町の生まれ。両親が病弱で5歳から田畑で働き、中学生の時には一家の大黒柱に。45歳で上京後は解体業の会社を興し、アイヌの仲間たちに頼られる存在になっていく。「アイヌ ネノ アン アイヌ」とは「人間らしい人間」を意味するアイヌの言葉。それはどんな時にも笑顔を絶やさず、体ひとつで家族や仲間を支えてきた浦川さんの姿に重なる。現代のアイヌとして生きる浦川さんの言葉。

    浦川治造さんという名前には何となく見覚えがある。ひょっとすると本多勝一著『アイヌ民族』に出てきたひとかもしれない。あとで確認してみようかな。浦河さんが若いころの写真が出てきたのだけど、肉体労働で鍛えた体がすごい。体格もよくて顔も美男子。宇梶剛士さんの若い頃に激似である。

    浦川さんは子供のころからアイヌであることで差別をうけても怒ったりすることなく生きてきたそうで、こういう生き方のアイヌもいた(いる?)のかと感心しながら見ていた。冒頭に出てきた89歳のおばあちゃんの話し方とか、ピンちゃんにはかなり懐かしい。そういえば昔はこういう話し方のおばあちゃんがたくさんいた。

    あれはアイヌ系特有の話し方だったのだろうか。

    ・・・

    チャンネルそのままでテレビを見ていると、

    【北海道LOVE】明日へ つなげよう選「アイヌ文化で地域おこし 北海道白老町」

    という番組が始まった。ほんとかよ。最近のNHKローカル(だと思う)はやたらとアイヌがらみの番組が多いな。しかも白老。聞くところによれば2020年に白老ポロト湖畔に「国立アイヌ民族博物館」というのができるらしいので盛り上がっているのかもしれない。

    しかも、ゲストに宇梶剛士さんが出ている。宇梶さんの母静江さんは有名なアイヌ民族運動家で、若いころは母親のその手の運動を嫌っていたと思っていたのだけど、考えが変わったのだろうか。ところで、wikipediaを読んでみたら「浦川治造は叔父に当たる」という記述があった。どうりで似てるはずだ。

    番組の内容は白老町の町おこしで、大昔は林業と観光業で栄えたこともあったけど、バブル崩壊以降はいいところがなくさびれている。それを白老町の若者がなんとかしようと立ち上がったという話だった。知っている人が出てくるかなと期待したのだけど、知らない人ばかりで残念。

    途中で大須賀さんという料理好きの上品なおばあちゃんがでてきて、いろいろとアイヌ料理のことを説明していた。なんでも、大須賀さんのおばあちゃんに教えてもらった由。「オハウ」という野菜スープに季節の魚などをいれた料理だった。肉を入れた場合は「カムイオハウ」というそうな。ピンちゃんはアイヌ料理というものを食べたことないけど、どういう味なのかな。味付けが気になるのに、その辺は詳しく出てこない。

    ところで、興味深かったのは宇梶剛士さんの思い出話。宇梶さんが子供の頃はいつもこのオハウという料理だったそうな。宇梶さんはピンちゃんより4歳年上だからほぼ同年代。子供時代といえばテレビでカレーライスやハンバーグが紹介され始めた頃で、それが食べたくてしょうがなかったとのこと。だからオハウに関してはいい記憶がないと。

    それが40歳過ぎて北海道でご馳走を食べさせてやると出されたのがオハウで、とても懐かしかったそうな。まあ、子供の頃に食べた母親の味とはそういうものなのでしょう。

    ・・・





    上下を見比べてみると、上のひまわり8号からの写真に秋雨前線がきれいに写ってますね。北から冷たい空気、太平洋側から暖かい空気がやってきてぶつかり合い、暖気が寒気の上に乗っかります。そこへ台風21号が殴り込みをかけてきてるのだけど、台風の目が大きくて怖いです。

    予想より台風21号の動きが速くなったので、22日から23日にかけて西日本は大荒れの天気になるかも。移動速度30km/h、中心気圧925hPaみたいです。

    上の写真でもうひとつの見どころは各地の明るさ。やはり北朝鮮は真っ暗です。一か所だけうすぼんやり明るい所が恐らく平壌(ピョンヤン)でしょう。東京近辺はさすがに明るいけど、それ以外は思ったほど明るくない。むしろ、韓国はソウル周りはほとんど東京と同じくらいで、韓国全体でもかなり明るい。相当の電力を消費してるんじゃないかしら。

    ということで、こういう写真を見るのは楽しいですね。

    ・・・

    朝昼食
    ポトフ
    緑茶
    ミニシルベーヌ
    カレーライス+生卵

    夕食
    ごはん
    麻婆豆腐
    緑茶
    バニラアイス

    ひと月くらい前に買った豆腐が冷蔵庫にあったので、どきどきしながら麻婆豆腐にしてみた(火を通せば大丈夫理論)。どうやら何事もないようである。あと、2回の食事でごはん一合食べ切れました。うむ、この調子が続けば二合づつ炊く方がよくなるかもしれない。まだ先の話だけど。

    ・・・

    体重45.0 体温36.5 血圧97-62

    10:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    10:40 タケキャブ錠20mg
    16:10 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    24:00 ロゼレム錠8mg
    24:00 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    寝坊したけど薬は三回飲みますた。

    ・・・
    〇クマに襲われた人は、すべて自己責任なのか
    http://toyokeizai.net/articles/-/193844

    北海道に暮らすひとにとっては他人事じゃないヒグマ問題。ピンちゃんは警備員で峠で仕事してたから、何度もヒグマに遭遇してます。やっぱ怖いですよ。ヒグマも生き物だから無暗に殺すべきではないけど、基本的には人間の命が優先ですから、そのへんは考え違いしないほうがいい。

    〇クマ類人身事故調査マニュアル
    http://www.japanbear.org/wp/wp-content/uploads/2017/08/1103_jinshinjikochousa_manual.pdf

    こんなマニュアルがあるとは知りませんでした。40頁もあるからピンちゃんも読んでないけど、興味のある人はどうぞ。

    ・・・

    偶然テレビでアイヌのことをやっていて、記事でヒグマの話を取りあげたので語る気になった。アイヌにとってのヒグマは非常に重要な存在で、殺して食料として頂くとき、魂を神々に送りかえす儀式(祭り)がイヨマンテです。

    食料としての家畜とは違うということですが、アイヌでなくたって、日本人の場合は食卓でいただくものには感謝するという素朴な感覚がある。キリスト教文化圏のひとびとは食料を与えてくれた神様に感謝するみたいだから、その辺の考え方の違いが摩擦の原因なんだろうか。

    ヒグマのことはおいといて、捕鯨問題で日本は欧米人から一時期かなりバッシングされていました。日本人からすれば、ちゃんと感謝して食べてるんだからいいじゃないかと思うのだけど、あれは日本人に対する人種差別が根底にあったとピンちゃんは断定しています。

    食べ物の事で毛唐如きのいちゃもんに屈するのは嫌なので徹底抗戦すべし、と思っていましたが、結局捕鯨問題はどうなったんざましょ。

    例えば、スーパーでたまに見かけるミンククジラは成獣でだいたい7〜8トンあるそうで、骨や油を差し引いた正味はどれくらいでしょうか。仮に5トンが食用にできるとすれば、500人が10kgづつ食べられる。小さな漁村なら一週間では食べきれませんね。だから日本人にとっては貴重な栄養源だった。

    海の幸は誰のものでもなく人類全体の資源だから、永続的に食べ続けられるように漁獲制限をして割り当てを考えるのは当然だけど、偏見から来るいちゃもんには毅然と対処したほうがよいだろうと思ってます。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6066
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE