ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 新虫歯治療4回目:1510円(6950円) | main | 線形性:L(a+b)=L(a)+L(b), L(ka)=kL(a) >>
抗がん剤治療:7コース2週目 Congrats, Kazuo Ishiguro
0
    午前9時50分起床。曇り。湿度56%

    何度かトイレに目覚めながら、いろんな夢を見た気がする。最終的に携帯アームで目覚めて飛び起きた。何とか寝坊せずにすんだけど、今日は10時半に訪問介護の車を予約してあったのだ。あまり時間がないので、大急ぎで体重などを測定し、歯を磨いてぎりぎりセーフ。

    ・・・

    病院はいつもより空いていた。昼近い時間だからだろうか。それでも老人の割合は8、9割と変わらない。毎回病院で老人の群れを見るたびに日本の将来を憂えてしまう。

    今日は若先生の都合が悪いらしく代わりの先生が診察に来た。このひとも若い。多分北大病院の後輩なんだろう。特に悪い所はないので、今日も抗がん剤治療にゴーサインがでた。毎回の流れを書くと、

    採血分析 → 診察(ゴーサイン)→ 抗がん剤治療

    ということになる。全てスムーズに行くと全部で3時間くらいだろうか。これ以外の往復に小1時間くらい。実際はどうかといえば、午前10時半に出発して(病院には11時半に来いと言われていた)午後4時半に帰宅だったかな。

    抗がん剤治療は点滴で、三種類。ひとつ30分程度かかるのだけど、ひとつめが導入剤的なもの(なんだか忘れた)。残りの二つが抗がん剤で、アブラキサンとゲムシタビン。それぞれ別パックの点滴剤になってるみたい。

    で、点滴を始める前を含めて4回だと思うのだけど(3回かもしれない)、体温と血圧を測る。抗がん剤治療の最初だけ念のためにやるのかと思っていたら、毎回やる。これがかなりめんどくさい。看護師さんが忙しい原因になってる。

    ピンちゃんはいつも夢うつつの状態になるから、途中の事ははっきり憶えてないのだけど、血圧を測定するとき腕に巻きつける帯みたいの(腕帯?)が煩わしい。看護師さんは忙しいからそのまま巻きっぱなしにしていたいみたいなのだけど、夢うつつのピンちゃん1度引き剥がしてしまった(笑)。トイレに行きたくなって目が覚めたんだよね。

    それ以来、看護師さんは少なくともピンちゃんの腕帯は毎回剥がしてくれるようになった。これ、仕事が終わった後の反省会か引き継ぎみたいので報告してるんだろうな。看護師さんのこういうきめ細かい心遣いはほんとに頭が下がります。

    ・・・

    帰宅して落ち着いてから入浴。湯船に溜めたお湯につかると手足のしびれがよくわかった。手足の先の感覚がはっきりと違う。どういう感じかといえば、お葬式などで慣れない正座をした後とほぼ同じ。お葬式では立ち上がろうとするとき一番酷くて、少し我慢してるとだんだん治ってくるけど、抗がん剤の副作用としてのしびれ(末梢神経障害)はずっと続く。

    抗がん剤を始めた頃はしばらく何ともなくて2月くらい経ってからかな、何となくしびれているような自覚症状がでてきたの。それから少しづつ症状が進んで行って現在に至ってます。数回前の点滴から、副作用の原因であるらしいアブラキサンの量を減らして貰っているのだけど、急にしびれが消えるということはないようだ。

    現状くらいなら日常生活は送れるのでそれほど困ってはいない。

    ・・・

    夕食
    シチュー
    バターロール
    ミルクコーヒー

    なぜかお米よりパンが食べたい今日この頃。

    ・・・

    体重45.0 体温35.7 血圧91-64

    17:10 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    17:10 タケキャブ錠20mg
    18:40 入浴 ← 時間をはっきり憶えてないけど、夜7時のニュース前だった気がする
    22:50 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    22:50 ロゼレム錠8mg ← 睡眠薬の一種?

    朝起きてすぐに薬を飲めばいいのに、ばたばたしてるとどうしても忘れてしまう。入浴後は身体がだるくなる。いつものことである。

    ・・・

    抗がん剤治療費:¥44400
    薬代:¥1820

    夕方コンビニで買ったもの
    ホットドッグ:¥138
    ちぎりぱん(チョコクリーム):¥130
    ふんわりマヨクリームサンド:¥128
    バターロール4個:¥100(←_←;)
    ハムサンド:¥220
    パンケーキメープル&マーガリン:¥100(←_←;)
    小計:816円

    〆て、47036円の出費ナリ

    バターやマーガリンは膵炎になった時から避けていたのだけど、少しくらいなら大丈夫のようだ。膵炎かつ癌の膵臓というのはどうなってるのだろう。膵臓としてどれくらい機能してるのか謎だ。主治医の若先生もわからないのではなかろうか。

    ネットの医療系の解説では、疑問があったら納得するまで質問するようにとか書いてあるのだけど、それがなかなかできないのだよね。
    | 日記 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
    コメント
    ピンちゃんこんにちは。最初に点滴するのは副作用対策のトランキライザーじゃないですかね。ウトウト、トロトロするのは軽く酩酊するからだと思います。うちの妻はお酒も飲めなかったので、トランキライザーで酩酊して帰り道記憶なくしてたことが有りました。

    タキサン系の副作用の手足の痺れは、完全にやめてからも数ヶ月は無くならないみたいです。痺れが進む様なら、更に減らすか休むかの相談をしてみて下さい。

    主治医とのコミニュケーションに苦労されてますね。診察の時に伝えたい事と聞きたい事を箇条書きにメモして、手にしてお話ししてみたらいかがでしょう?今現在何をどのくらい食べて良いのか?とか、栄養相談も主治医の大切な仕事です。
    | 東京のおやじ | 2017/10/06 4:56 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6048
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE