ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 新虫歯治療2回目:2080円(5160円) | main | 【祝】日馬富士逆転優勝! >>
僕は日記を読み返す また新しく忘れるために
0
    午前7時50分起床。曇り。湿度76%

    昨晩から今朝にかけて急に歯が痛みだし、朝方布団にもぐり込んで耐えていたのだけど結局眠れないまま起きだした。エネーボを1缶飲み、頓服薬だけでも処方してもらえないかと8時55分に歯医者さんに電話してみたけれどもつながらない。

    どうしたものかと思いつつ、歯が痛くて何もできないのでとりあえずgo to bed again。実際はベッドじゃなくて布団なわけだけど。

    ・・・

    ふと気づくと周りは真っ暗。一瞬、何が何だか分からない。ちょっと混乱したけれど、よろよろと起きだすとテレビが点けっぱなしでNHKニュースでクルド人の国民投票のことなどを報じている。相撲は14日目が終了し、日馬富士と豪栄道が優勝争いの千秋楽へともつれ込んだらしい。

    ほう、流石は横綱だな、日馬富士が踏ん張ったか──などと感心しているうちにブラタモリが始まり、ようやく状況を把握して落ち着いたので赤貧日記を書きだしたのだった。ちゃんちゃん。

    というか、久しぶりにすんごい熟睡した感じで満足感がある。

    ・・・

    ブラタモリを見ていると昔から火事が多いという話題になり、現在では高野山独自の消火システムが出来上がっていると紹介されている。突然、デモンストレーションが始まり、建物の周りに水柱が吹き上がる。特に大切な建物を守るために水路が張り巡らされ、いざというときは下から上へ水が吹きだし水柱で囲まれるようになっている。

    ドレンチャーというらしいのだけど、凄いものである。高野山もハイテクだなあ。

    ・・・

    夜9時からNHKスペシャル「総書記 遺(のこ)された声〜日中国交 45年目の秘史〜」
    「作家山崎豊子の自宅から1980年代に中国共産党トップ・総書記を務めた胡耀邦の4時間を越える肉声が記録されたテープが発見された。胡耀邦が語っていたのは日中関係について。共産党トップとは思えない率直さで、歴史認識問題などについての自らの考えを述べていた。遺された総書記の肉声と、今回独自に入手した外交資料をもとに、日中関係の知られざる歩みを見つめるスクープドキュメント。」

    テレビ番組欄より引用

    おお、懐かしい。山崎豊子さんは『大地の子』のあとがき(だったと思ったが)で、胡耀邦の格別の配慮によって、当時はほとんど許可されてないようなところまで自由に入っていって取材できたと感謝してた。

    中曽根さんも優れた政治家だったけど、胡耀邦さんもビジョンを持った立派な政治家だった。あまりに理想主義的な政策に失脚させられ六四天安門事件へとつながっていくのだから歴史の流れは皮肉だね。

    ・・・

    ちなみに、夜目が覚めると歯の痛みはどこかに消えてなくなっていた。

    ・・・

    朝食
    エネーボ

    夕食
    エネーボ
    たるたるフィッシュ
    緑茶
    ハムとたまのごサンドイッチ
    ミルクコーヒー

    午前中から8時間以上爆睡してしまい、目が覚めたらお腹が空いていたので、たくさん食べてしまいました。

    ・・・

    体重44.5 体温36.0 血圧106-69

    03:30 オキノーム散5mg
    05:20 アブストラル舌下錠
    05:30 アブストラル舌下錠
    08:10 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    08:10 タケキャブ錠20mg
    21:55 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    ・・・
    恐らく積極的にネットを活用してる人以外は全く知らない騒動で、そのまま忘れ去られていくと思うけど、メモ代りに「水原希子サントリーCM騒動」のあらましをまとめておこうと思います。

    事の発端は1年ほど前、2016年7月に起こった。これに関しては以下に引用してある記事が分かりやすい。

    〇水原希子を襲った「中国侮辱」騒動 動画で釈明した「3つの疑惑」とは
    http://news.livedoor.com/article/detail/11772977/

    そもそもの発端は、水原さんの知人で中国の現代美術家・艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏の写真がインスタグラムにアップされ、水原さんがその写真に「いいね」したというたわいもない行動から始まる。これ自体は誰が悪いということもないし、あとで騒動になるなんて水原さん自身思っていなかったでしょう。



    なかなか渋い白黒写真で、中指を立てているのは当然「ファック!」という意味で「六四天安門事件」を批判してのことでしょう。艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏は民主化運動のシンパサイザーなんでしょうね。よく知りませんが。なので、この写真に「いいね」しても問題はないと思うのだけど、そこはそれ、中国にも行き過ぎたる愛国者みたいなひとはいる訳で、そういう人たち(糞青?)から猛烈に抗議されることになる。

    要するに、日本人が中国の問題に口出ししてるんじゃねーよ!ってことなんでしょう。

    しかも、この件以外でも水原さんは疑惑をもたれていたらしい。どんな疑惑かといえば靖国参拝疑惑(笑)。政治家でもあるまいし、どこの神社に行こうが勝手なのに、そんなことまで批判されるとはさすがに水原さんに同情してしまいます。そんなこんなで大騒ぎになり、水原さんがわざわざ動画で中国人に謝罪することに。



    日本語のテロップ(多分、日本人の誰かがあとで付け加えたと思われる)まであるし、それほど難しいことも言ってないので内容は分かりやすいのだけど、驚くくらい中国人に気を使っている。この謝罪動画の冒頭で水原さんはまず自分の家族のことを語ります。

    2ちゃんねる創設者のひろゆきくんがわざわざ日本語に訳してくれているので、水原さんの謝罪動画の冒頭部分をを引用します。
    http://blogos.com/article/247010/
    こんにちは。オードリー・希子・ダニエルです。
    ファンや多くの人には水原希子として知られています。

    中国に住む全ての皆さんに心から謝罪したいと思います。
    そして、この動画で何点か説明をしたいと思います。
    特に、最近の出来事に関して気分を害しているオンラインコミュニティーの人達に向けたいと思います。

    (お辞儀)

    私の生い立ちを存じてない方に説明しますと、現在、私は日本に住んでいます。
    ですが、実際、アメリカで生まれました。私の父はアメリカ人で、母は日本で生まれた韓国人です。
    私は2歳の時に日本に移住し、神戸で育ちました。
    多様な文化的背景によって、私は異なる文化に触れ、世界の多くの人たちと友人になれる機会を得ました。

    ここでまず驚くのは本名が「オードリー・希子・ダニエル」であること、自分はアメリカ生まれで2才のときに日本に移住してきたこと、父親はアメリカ人、母親は在日韓国人であることを語っている点です。そして、これが後に日本の糞青(笑)たちに反発されることになります。

    なんというか、水原希子さんのファンなら昔から知っていたのかもしれないけど、ほとんどの日本人は(中国人も)そんなこと知らなかったのではないかな。ピンちゃんはごく漠然と、フィリピンかどこか東南アジアと日本人のハーフなのかなと思っていた(父親が東南アジア系アメリカ人なのかもしれない)。ルビーモレノさんに似てるなと思っていたし。

    さて、この謝罪動画から察するに、謝罪内容や文言、場所の設定やビデオ撮影まで、所属している芸能事務所がバックアップして作られたものでしょう(中国語テロップは誰が入れたのだろう?)。内容がきちんとしているし、やたらと中国人に気を使っている(わざわざ中国語で謝罪してる部分もある)し、事前に何度もリハーサルをやっていたとしても驚かない。

    画面から下に(靖国の)写真を隠すように持っていて、途中で持ち上げて「この写真の人物は絶対に私ではありません」などと言ってる辺り、手順を十分に考えてリハーサルもやってるだろうなと感じさせる。

    当然、今後の仕事で中国人のイメージが悪いままではまずいと判断しての事でしょう。そして、その目的は十分果たしたと思われます。

    しかし、この謝罪の冒頭でわざわざ「水原希子」という名前で知られてますが本名は「オードリー・希子・ダニエル」で、父はアメリカ人、母は韓国人と宣言しちゃったものだから、そんなこというなら(日本人のふりして)日本名で活動するんじゃねえよ!と反発する日本人が出てきてしまった。

    思うに、靖国に参拝しに(遊びに?)行っていたということを否定したくて、実は日本人じゃないのですとさりげなく主張するつもりが思わぬ方向から反発されて事務所も困惑したのではないだろうか。だって、事務所の人たちはとにかく中国人の誤解を解きたかったものだから(開口一番「中国に住む全ての皆さんに心から謝罪したいと思います」と明言している)、日本人がどう感じるかまで頭が回らなかったんじゃないかな。

    (靖国神社でゆかたを着て後ろ姿で写ってる女性は水原希子さんの妹らしいのだけど、だとするとあの写真を撮ったのは誰なのだろうかと気になってしまう)

    そんなこんなで、水原さんからすれば、あちらを立てればこちらが立たずで困ったことでしょう。別に中国人に対しても日本人に対しても怒らせるつもりなんてなかっただろうし。ほんと気の毒だなと思います。

    とにかく、以上述べてきたことはあくまで2016年のできごとで、1年も前の話です。水原さんが中国人に謝罪して、スピンオフみたいに日本人(の一部)が怒った訳だけど、とにかく1度収まった話なのです。そして、そんなことはごく一部の人にしか知られないまま忘れ去られていった。

    ・・・

    で、2017年になり、サントリービールのツイッター広告が流れた。そのツイート広告の下に幾つか「日本人じゃないくせに日本のCMに出てるんじゃない!」みたいなリツイートがぶら下がることになる。1年前の騒動の時怒っていたひとびとの何人かが執念深くそんなことをしたのでしょう。

    ピンちゃんが気づいて確認したときは10件もなかったくらいで、そのひとつひとつに(ヘイトツイートを批判する)ツイートが既についていて、その下は水原さんに気にしないで頑張ってくださいとか、そのビール美味しそうですねとか、好意的なリツイートがたくさんぶら下がっておりました。

    つまり、最初のヘイトツイートは10件足らずで、その数倍も良識的なツイートがついたことで日本の糞青のみなさんは口をふさがれてそれ以上は何も言えなくなったのです。決して、数百数千のヘイトツイートが一斉に水原さんを攻撃した訳ではない。

    なので、この件もそのまま終わる話かと思っていたら(1日2日のタイムラグがあったように記憶している)、人種差別を見ると黙っていられない人々が騒ぎ出し、あちこち拡散したものだから大騒ぎに発展してしまった。1年前の出来事を知らない人からすれば、藪から棒に「外国人が日本名を名乗って芸能活動していること」を問題にしたヘイトツイートに見えたのでしょう。

    そこからは左右入り乱れて何が何だか分からない論戦になり、そのうち飽きてきて、いつものように他の問題でまた騒ぎ出したりしてる(例えば菅野完氏のアカウント永久凍結問題とか)。

    ・・・

    とくに結論めいたものはないのだけど、ピンちゃんが最初にサントリーのツイッター広告を確認しに行った時点では1年前の事なんてほとんど忘れていて、あとで大騒ぎに発展してからネット検索して調べ直していろいろ思い出したことを含めて経緯をまとめてみました。

    この手のネット騒動でいつも思うのは、大騒動になるならないには臨界点みたいなものがあって(数学的には1人が3人以上拡散すると危ないようだ)、一度拡散しだすと全く前提知識の違う人々が入り乱れて、濃度の違う議論があちこちで起こり始めて、最終的にはなんの建設的な結論も得られないままなんとなく収束してしまう。

    要するに飽きるのでしょう。

    「人種差別は悪いこと」などという結論は最初から決まっているので、本来そこは論点ではない。ウヨだってそんなことは分かっているのです。逆に、幾らウヨが「北朝鮮(金正恩)は悪い」といってもサヨだってそんなことは分かってるけど、言を左右にして訳の分からない言い訳めいたことを言い続けるでしょ(笑)。

    最後の最後に話が逸れてしまったけど、結局、まだネット言論というものがどういうものなのか誰にも分からないまま10年くらい過ぎてしまったなあと思いつつ、この話は終わりにしておきましょう。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6034
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE