ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 昨日までは夏だったのに | main | 昔の夢と思ひ出を >>
秋の夕日に照る山もみじ
0
    午前11時20分起床。曇り。湿度77%

    うむ、もはや昼近くに起きるのが常態化してしまったピンちゃんですが皆様いかがお過ごしでしょう。これではいけないと思いつつ、夜の寝つきが悪いんですよね。昼に起きるから夜になってもなかなか眠くならないということもあるのだけど、疲れるとすぐに布団に入って仮眠してしまうのもまずいのだろうな。

    ・・・



    これもツイッターで見つけた面白い問題。数日前のlogを使う問題、証明の最後の方で間違ったばかりなんだけど、めげずに載せてしまいましょう。最近物忘れが激しいし、せん妄状態に陥らないためにもなるべく脳に刺激を与えないといけない。

    問題用紙の一番上に「想定外の答え」とあるから教師用の虎の巻みたいな本か、或いは何かのプリントなんだろうと思われます。問題の難易度から考えて中学生の確率の問題かな。ひょっとして、小学生だろうか?私立の進学校なら小学生でもこれくらいの問題やるのかな。

    対象の学年はよく分かりませんが、この問題の答えは1/3らしいのです(少なくとも出題者は1/3のつもりで出題した)。確率の問題は意外な盲点を衝かれることがよくありますけど、問題文の解釈が問題になることもよくあります。しかしながら、この問題文で答が1/3であれば考え方は分かります。

    つまり、問題文

    奥さんに「女の子はいますか?」と訊いたら、「おります」という返事でした。

    これで子供二人のうち最低ひとりは女の子であることは確定しているのであるから、子供二人の男女の組み合わせ4通り、

    男男 男女 女男 女女

    の中で「男男」はあり得ないことになる。なので「(少なくとも)片方が女の子である確率」は1/3になるというわけです──と思ったのだけど、問題文はもう少し続く。

    もう1人が女の子である確率はいくらですか?

    この『もう1人』が曲者なのである。ここで、最初に戻るのだけど「想定外の答え」とあるのは、この問題で「1/2」という回答が多かったのであろうと想像される。だって、子供が二人いて、一人は女の子、もう一人は?と訊かれれば1/2と答えても不思議じゃない。なのに、出題者は想定外だったらしい。

    なんにしろ、1/2が正しいとすれば最初から子供はひとりで、その子供が女の子である確率を考えるのと同じになってしまう。もちろん、この場合は男の子である確率も1/2になる。

    それでは何も考えたことにならないし、わざわざ子供が二人という設定にしてるのも不自然になってしまう。なので、問題を考えた人はあくまで1/3のつもりで出題したのでしょう。うーむ、一体全体どういうことなんだろうか。

    ピンちゃんの想像:

    出題者の「もう1人」の真意は──奥さんが「(女の子が)おります」と答えたことで「男男」の可能性は排除され、残された組み合わせ3通りのうち、

    男「女」 「女」男 「女」女

    片方は「女」(←奥さんが「おります」と答えた方)で、「」がついてない『もう1人』が女の子である確率は1/3である──というものではないかな。うーむ。いろいろ考えたのだけど、多分こういう思考でああいう問題文になったのではなかろうか。

    ということで、「男男」の可能性はないという条件のもとで

    「二人とも女の子である確率はいくらか?」

    と聞かれれば、自信を持って1/3と答えられることになります。文章って難しいですね。

    老婆心ながら注意しておくと、最初に奥さんに何も質問しないで(「男男」の場合を排除しないで)どちらも女の子の確率はと質問された場合は「1/4」になります。

    ・・・

    上の例とはまた別なんだけど、小学生の算数でしばしば問題になるのが「掛け算の順序」なんですよ。「みゆきちゃんとピンちゃんにみかんを5個づつあげると全部でみかんはいくつ必要でしょうか?」みたいな問題の時、

    2×5 は正しいけど5×2は間違い、という話です。

    いやいや、計算するだけならどっちでもいいだろう、と思うのだけど算数教育の専門家みたいなひとで頑なに学習効果だかなんちゃら理論だかを根拠に、小さいうちは順序が逆のものは間違いにしないといけないとか言い張るのです。

    文章に出てきた対象の順序と数字の対応付けみたいなことなんだろうと思うけど、逆は間違いだと教えると、妙な誤解を植え付けてしまうのではないかとピンちゃんなんかは思うし、同じように思う人はネットでも多いのだけど、とにかく頑固な教育学者とか現場の先生がいるんですね。

    ・・・

    昼食
    エネーボ
    袋麺+生卵+ほうれん草おひたし
    ミルクコーヒー

    夕食
    エネーボ
    チーズバーガー
    ミルクコーヒー



    セブンイレブンでプライベートブランド商品らしい「金の麺」という袋麺を購入していたので試しに食してみた。新しい製法の麺で、スープも生みそタイプ。金額も90円くらいだったはず。そして一番ありがたいのは脂質が7.0gしかないこと。ピンちゃんの場合、膵癌である以前に慢性膵炎だから、あまり脂質を摂れないのだ。目安としては毎食10g、1日合計で30g以内に抑えるのがいいらしい。

    味はかなり上級品。インスタントの乾麺タイプとは全然違う。きちんとトッピングすれば、300円くらいでお店に出しても大丈夫なのではないかと思うくらい。かなり前からだけど、インスタント食品業界って凄いものですね。スープはほとんど飲んでないけど、麺は8割くらい完食。こうやって少しづつ料理の勘を取り戻していきましょう。

    それはそうと、携帯で写真を撮るとピントが合うときと合わないときがあるけど、なぜなんだろう。オートフォーカスとかいうやつではないのだろうか。

    ・・・

    体重44.8 体温36.3 血圧118-78

    12:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    12:40 タケキャブ錠20mg
    19:30 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    ・・・

    夜にコンビニで買ったもの
    アーモンドチョコバー:¥189
    わかば10個:¥3200
    明治超バニラ:¥140
    チーズバーガー:¥198
    ハムサンド:¥220
    きつねうどん(丼型):¥95
    金の麺塩味:¥95
    金の麺醤油味:¥95
    びっくりどら焼:¥108
    三ツ矢サイダーキャンディ:¥159
    龍角散ののどすっきり飴:¥257
    バーベキュースナック:¥108

    〆て、4864円の出費也

    ・・・
    〇左遷!さらば、NHK『ニュースウオッチ9』大越キャスター エースはなぜ飛ばされたのか(その1)
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42660

    ちょっと古いけど2015年の記事(前にも読んだことある気がする)。そういえば、2年前って安倍政権が圧力をかけて気に入らないアナウンサーを飛ばしたとか噂が出ていた頃ですかね。読むとなかなか面白い。

    〇トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」
    https://forbesjapan.com/articles/detail/17781

    玩具業界に限らないと思うけど、アマゾンの出現で多くの業界が構造変化を余儀なくされているんですね。何を隠そうピンちゃんは一度もネットで買い物をしたことがなくて、ときどき本を買おうかなと思いつつも、やはり新刊書店とかブックオフに行ってしまう。

    現物を手に取らないでカタログだけで買物をするという行為に心理的な抵抗があるみたいです。一度試してみて便利だなと実感すれば、すぐにも宗主替えするのかもしれませんが。

    〇メキシコで地震149人死亡 M7.1、首都で建物倒壊
    http://www.asahi.com/articles/ASK9N1QJPK9NUHBI003.html?ref=yahoo

    これはかなりの被害みたいですね。大雨と地震の関係に着目した研究があったような記憶があるけど、立て続けに襲ってきたハリケーンと何か関係があるのだろうか。地震に慣れてない国の人々だと怖かっただろうな。

    〇ロヒンギャ迫害にイスラム教のチェチェンが抗議
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/post-8464.php

    チェチェン共和国てイスラム教徒の国だったのか。wikipediaに拠れば1989年の人種構成は、チェチェン人が96万人、イングーシ人24万人、ロシア人27万人だったそうな。

    世の中は知らないことに満ちている。それにしてもソ連の衛星国だったのにイスラム教徒なのかと地図を調べてみてようやく納得した。



    なるほど、ロシア圏といっても西のはずれ、黒海とカスピ海の間かよ。ほとんど中東じゃん。最近は気になることがある毎に地図を眺めるようにしてるので、かなり世界地図が頭の中にできあがってきているのだけど、まだまだ知らないことが多いね。
    ロヒンギャ保護のためにチェチェン軍を出動させるのは地理的に難しいが、今の状況にいてもたってもいられないと吐露。「許されるなら核攻撃して、子供や女性、老人を殺した奴らを一掃したい」とまで発言した。

    などと記事中に書いてあるけど、難しいどころか不可能だろう(笑)。沿岸国を走破していくとすれば、イラン、パキスタン、インド、バングラディシュを通過しないと行けないし、大陸内を回り込んでもロシアから中国を抜けないと行けない。

    記事の内容は深刻だけど、世界地図を眺めてあれこれ想像するのは楽しいね。



    ちなみに、ロシアの人口の半分は薄赤い部分に住んでいるそうです。
    | 日記 | 00:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
    コメント
    今回の問題もそうなのですが、「モンキーホール問題」や「三人の死刑囚の問題」などは、自分の直観的判断がいかに当てにならないものかということを思い知らされます。今回も最初は1/2だと思ってしまいましたから…。勘違いしてしまう原因は問題文の解釈の仕方にあるということが、分かりやすく説明されていてとても勉強になりました。
    こういった記事、今後も期待いたします。
    | あふり | 2017/09/22 5:40 AM |
    夜に眠れないのって、ツライよね!

    ♪ 昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういう訳だ? 満月空に 満月明日は 愛しいあの娘に逢える。 目覚し時計は 母親みたいで心がかよわず たよりの自分 は睡眠不足で だから ガンバレ みんなガンバレ 月は流れて 東へ西へ ...


    ピンちゃん は、↓この Dr(w)Kazuo(の実態・醜態)についてご存知?

    ttps://togetter.com/li/921858

    > 17年間の工学部教授生活で査読付き国際誌0件 業績無しの川崎先生、空間反転対称性の破れと工業デザインに何の関係があるのですか? 物理用語の濫用は物理の専門家への侮辱なので辞めて頂きたい。

    > 実際にこんな発言をしたのなら貴殿は中学生程度の理科の知識も無い工学部教授ですね。
    | ときどき見に来るヒト | 2017/09/22 6:50 AM |
    「もう1人」の他にも注意すべき点があります。問題文に「同様に確からしいものとする」も書かないと、人間は男性の方が若干多く産まれるので、子供一人が女の子である確率は1/2ではなく約48.8%になりかねません。本当に文章って難しいですね。
    | θλ | 2017/09/24 4:25 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6030
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE