ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 魅惑の星を惑星と呼ぼう | main | 昨日までは夏だったのに >>
凡庸たる人生とて微分可能と限るでもなし
0
    午後2時起床。晴れ。湿度78%

    またもやこんな時間まで惰眠をむさぼってしまったか。目が覚めた時ぐっすり眠った感じはあったけど、体が重い。昨日も同じようなこと書いた気がするけど。

    ・・・

    昨日から今朝にかけて本州は台風18号で大変だったみたいだけど、北海道は今日1日暴風圏みたいですね。正午も大幅に過ぎてから目覚めてみると、ピンちゃんが住んでる道南は台風一過みたいな晴れ間がのぞいてました。風はそれなりに強いみたいですが。

    大相撲秋場所まっただなかなので、午後3時からはNHKで相撲観戦なのだけど、いつのころからだろう、画面の外枠には「台風情報」が文字で流れている。その分相撲を映す画面は小さくなってしまうけど、ピンちゃんはあまりそういうのを気にしない方だからどうでもいいや。

    ・・・

    テレビをだらだら見たりネットをしたり。体がだるくてやる気なし。

    「量子ダイナミクス入門」を使った量子状態の時間発展シミュレーションは一時中断状態になっていて、その代りに力学の復習をしている。そう、物理学の中でも基本中の基本である、あの力学である。北朝鮮がミサイル発射実験を繰り返すから、そういえば弾道ミサイルってどんなものかなと思い調べてみたのである。

    したらば、何のことはない、ロケット推進の理論というのはしごく単純で運動量保存則を応用したものであった。第2次大戦中にドイツ軍が実用化してロンドンに打ち込んでいたくらいだから、理論そのものはもっと前からあったのだろう。漠然と、その程度の事しか知識はなかったのである。

    ネット時代とは便利なもので、ちょっと調べてみると「コンスタンチン・ツィオルコフスキー」というひとが1897年に「ツィオルコフスキーの公式」を導いていたのであった。

    言われてみれば難しい話ではないけど、100年以上前、日本なら明治30年である。やはり最初に思いついた人は凄いと思う。というようなことで、何となく力学のことをだらだらと復習していたのである。そのうちに、どうせだからきちんと復讐しようと力学の教科書を探してみたら、適当なのがない。大学時代は力学を馬鹿にしていてあまり買わなかったらしい。量子力学の教科書ならたくさんあるというのに。

    で、現在手元にあるものとしては「ファインマン物理学I」と駿台「必修物理(上)」しかない。しょうがないから、気になるところを拾い読みしたり、所々実際に紙と鉛筆で計算したりしております。どちらも入門用には向かないのだけど、内容自体は素晴らしい。

    どう素晴らしいかを説明しだすと長くなるのだけど、駿台の「必修物理(上)(下)」は高校生向け参考書にも関わらず微分積分を容赦なく使って説明してる。これを全て理解できれば、理学部物理学科の2年生くらいの実力はあると思っていい。

    ・・・

    「ドキュメント 穏やかでない最期〜末期がんの“看取り医師”が伝えたかったこと〜」

    というNHKの番組が22時50分からはじまった。主人公と言っていいか分からないけど、主役は医師にして僧侶の田中雅博氏69歳。末期の膵臓癌になるまでは“看取り医師”として多くの患者の死を看取ってきたひとであるそうな。

    最初のうちは意識もしっかりしていて、自分が死ぬまでをすべて撮影すればいいと言っていたのだけど、あっという間に病状が進み判断力が衰えてきて驚いてしまう。ちなみに、田中さんの病状は末期がんで肝臓とリンパ節に転移があるそうだから、ピンちゃんと全く同じである。ただし年齢は18歳上。

    途中からは判断力が低下するどころかがん末期特有のせん妄状態になり、もはや看取り医師と呼ばれていた頃の田中雅博とは別人格である。それでもすべて撮影していいと許可してるのだから大したものである。同じく医師である奥さんが最期まで面倒を見ていた。いよいよ最後は薬で眠りながら自然に逝ったようである。

    うーん、癌の病状が進んでせん妄状態になる(ひとが意外に少なくない)なんて全くノーマークだったけど、これはまずいな。恐らく、体だけ衰えて思考力そのものはそれほど変わらず死ぬ人の方が多いとは思うのだけど、それにしても驚きのドキュメンタリー番組であった。

    〇【特集記事】がん患者さんの「せん妄」を理解し冷静な対処を
    http://www.akiramenai-gan.com/medical_contents/column/56800/

    気になって「せん妄」について調べてみたのだけど、幾つか心当たりがあるので心配になってしまう。今のところはまだ大丈夫だとは思うのだけど、恐らく、赤貧日記を満足に書けなくなれば、いよいよまずいということになりそうである。

    ・・・

    昼食
    エネーボ
    ミルクコーヒー
    チーズグラタン ← 小1時間ちかくかかってようやく完食
    牧場の朝ヨーグルト

    夕食
    緑茶
    あんドーナツ
    エネーボ



    ・・・

    体重44.0 体温36.2 血圧93-65

    15:30 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    15:30 タケキャブ錠20mg
    21:20 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    23:00 MTパッチ貼り替え

    ・・・
    〇強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/post-8454_1.php

    北朝鮮は第2次大戦後に成立した国だから大した歴史はないし、工業力もない。もしも核開発していなければ、北朝鮮が何を喚こうが諸外国には無視され、いつまでも外国の援助頼みのまま情けない最貧国として屈辱に耐え続けなければならなかっただろう。

    だから核開発一点に望みをかけ、その目標に向かうのは間違っていたとはいいきれないが、スイスで何不自由なく留学生として生活していた金正恩が三代目指導者になり、どのように初代金日成、二代目金正日の野望を引き継いだのか謎である。

    〇英EU離脱はドイツ経済にとってプラスか? 存在感増すフランクフルト
    https://thepage.jp/detail/20170918-00000002-wordleaf?page=1

    ドイツ経済に関するレポート記事だけど、いまいちよく分からない。そもそもEUの実態がよくわからないからしょうがないね。

    ドイツについて漠然と思うのは、第1次、第2次世界大戦と2連敗して、しかも東西ドイツに分割までされたのに、いつのまにやらEUの勝ち組になったという事実。なんだかんだいってドイツ人は優秀なんだな。

    〇パソコンが重たくなる3大要因とその対処法
    https://dime.jp/genre/443149/?first=1

    ここに書いてあるようなことはピンちゃんも常識として知ってるし、そもそも動画ファイルの編集などはしないから、今使ってるノートパソコンでも間に合ってるのだけど、ほんとは新しいパソコンが欲しい。パソコンは値段が高いから、どうしたものかと迷ってるのだけど。

    〇米国人留学生4人、フランスで酸かけられ負傷
    https://www.cnn.co.jp/world/35107392.html?ref=rss

    テロではないだろうけど、ヘイト犯罪ではないのかと疑ってしまった。アシッドアタック(酸攻撃)って、主にイスラム教徒の人がやる犯罪の印象があるしさ。

    被害に遭った米国人留学生4名が20代前半の若い女性というのは分かったけど、国籍、人種は記事に書かれていない。まあ、国籍は米国だろうけど。この、人種と国籍は別物という感覚、これは日本人独特のものなのか気になる。実は外国人も同じことを感じるけどポリティカル・コレクトネスを気にして口に出さないだけなのか、そのへんがよく分からない。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6028
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE