ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 昔の過ぎた夏花のしらべを | main | 抗がん剤治療:6コース3週目 造影剤+CTスキャンの巻 >>
人生 既に半ばを読み了つたこの書物に就いて
0
    午前11時50分起床。曇り。湿度75%

    朝方眠りについたから睡眠時間は長くないけど、かなり熟睡した実感がある。ここのところ、朝目覚めた時の実感を大切にしている。ああ、ぐっすり眠ったなあと思いつつ目覚めれば満足である。

    ・・・

    毎日少しづつ太陽の角度が変化していく。コタツと座椅子の位置は変わらないから変化がよく分かる。朝晩はひんやりした空気なのだけど、午後の数時間は西日が斜めに差し込んで部屋の中が熱くなってしまう。なので、9月半ばになったのに、いまだ冷房をいれてしまう。コタツもスイッチを入れているというのに。

    あらら、一応NHKにチャンネルを合わせてあったのに、忙しくて相撲をほとんど見なかったな。

    ・・・

    昼食
    ミルクコーヒー
    びっくりどら焼
    エネーボ

    夕食
    エネーボ
    ミルクコーヒー
    びっくりどら焼

    ・・・

    体重45.0 体温36.2 血圧99-65

    12:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    12:40 タケキャブ錠20mg
    20:00 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g

    ・・・
    〇誠実で衝撃的な中国論 五百旗頭真/『中国はなぜ軍拡を続けるのか』阿南友亮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00537533-bookbang-soci

    もとから近現代史に興味はあったけど、最近はますます興味ある。中国の経済発展と軍拡がどうなされてきたのかも重要な問題だよね。この本読んでみたいな。

    〇「早く非難決議を出して地元に帰りたいだけ」「北朝鮮に協力してきた在日コリアンへの対策を」有本香氏が国会議員の問題意識の低さを指摘
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00010012-abema-pol&p=1

    有本香さんの発言を中心にまとめた記事。有本さんは保守派ジャーナリストなので、バランスを取るため慶応大学教授・若新雄純氏、在米ジャーナリストの北丸雄二氏などの意見も採録。有本さんの意見としては、
    日本独自の制裁の強化も必要だ。具体的には北朝鮮の軍事開発に協力してきた在日コリアンの人たちの中に対してきちんと調査・聴取し、問題があれば再入国の禁止といった措置を検討する段階に来ている。日本人や日本企業も、気付かずに協力者になっている場合もある。しかし日本の当局は情報を持っていても踏み込まない。アメリカは中国の金融機関に対する独自制裁を課しているが、日本も北朝鮮も資金移動の舞台になっているとも言われている。テロ対策の法律ができたが、まだ抜け道もあると言われている

    日本でもたまに北朝鮮に禁制品を輸出しようとした在日企業が摘発されることがあるけど、まだまだ手ぬるいということですね。ピンちゃんも、北朝鮮が核兵器で日本を威嚇してる以上、それくらいしていいと思うな。

    〇自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する理由
    http://www.newsweekjapan.jp/marukawa/2017/09/post-31_1.php

    恐らく読んだ後こういう感想を持つだろうな、と予想した通りだった。筆者の丸川氏は中国での壮大な社会実験というレベルで成功を収めている「自転車シェアリング」に感動し、日本でも流行って欲しいという願望で記事を書いている。しかし、日本ではそれほど「自転車シェアリング」を必要としていないのではないか、というのがピンちゃんの感想である。

    まあ、日本でも東京などの大都会なら自家用車の台数を減らすのはいいことであるのは間違いないけど、それで自動車の販売台数が減ったりする方がより問題になるだろうと思われる。北京の場合、悪名高いPM2.5などの大気汚染がひどすぎるから、積極的に「自転車シェアリング」する必要があるのだろう。

    本論とは関係ないけど気になったのは「日本では中国のニュースというとネガティブなものしか報道されない傾向が強い」という一節。確かに中国人旅行者の爆買いとかマナーの悪さはかなり報道されましたね。これは中国報道で気を付けるべき問題点かもしれない。

    もう少しこの問題を敷衍すれば、日中政府間の大きな問題などは中国政府に遠慮した報道が多くなるのに、日常生活に根差した話題では中国人のネガティブな部分をクローズアップしすぎる傾向があるのかもしれない。

    思い返せば、30数年前──まだ中国が経済発展する前までは、中国のへんてこなテレビ番組を取りあげて小ばかにするような企画が日本のテレビにあったような記憶がある。

    やはり、こころのどこかで中国人の事を馬鹿にしているのかしら。昔はゼンジー北京的な面白中国人キャラってあったよね。語尾が「〜アルよ」みたいなしゃべりかたしたりして。
    | 日記 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    「ハイ わたし 中国は 広島の生まれアルよ」という謎の中国人キャラで、「タネも仕掛も ちょっとアルよ」と言ってお笑いマジックで、有名だったゼンジー北京さんを、ピンちゃんが知ってるとは。ゼンジーさんは関西限定のタレントさんと思ってた。

    ピンちゃんは北海道のご出身で福岡で暮らしたこともありますが、ゼンジーさんのテレビ出演圏外だと思いましたから。
    なつかしいな。
    | カルロス | 2017/09/14 4:10 PM |
    ゼンジー北京さんは「笑点」あたりでたまに見たのかもしれません。それ以外でも「謎の中国人キャラ」って昔は多かった気がしますね。料理番組が盛んだった頃でも謎の中華料理人とかいたような記憶があります。基本的にはコメディ風で嫌われてはいなかった。
    | ピンちゃん | 2017/09/15 2:06 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/6023
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE