ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 停車場のプラットホームに南瓜の蔓が匍いのぼる | main | 磔のあなたの無償の愛 >>
ああ、豪快にステーキ食べたい
0
    午前8時30分起床。晴れ。湿度79%

    朝一電話で起こされた。何でこんなに早いのだろうとぶつぶついいながら起床。9時前にはママン、兄貴、おじさんの三名がやって来た。ピンちゃんの母方の先祖代々の墓が日高支庁某所にあるのだけど、そのお墓を廃棄して札幌に移すそうである。

    ピンちゃんの祖父母はとっくに他界しているし、もう誰も実家付近には住んでいないのでお世話をするひとがいなくなってしまったのだ。それまでは長女であるママンと長男で何とかしていたのだけど、長男次男も死んでしまい、三男は脳溢血か何かで倒れてしまいもはや意思の疎通ができない。

    で、その三男の息子が今回のお墓移動の発案者かつ今後のお墓の面倒を見る役をやってくれるらしい。年齢的には兄貴かピンちゃんがやるべきなのだけど、兄貴はNTT関連会社で働いてる割にお金はない。ピンちゃんは病気。ということで、東京都内や東南アジアで数件美容院を経営して羽振りのいい「ひろみくん」が名乗り出てくれたのである。

    ひろみくんはピンちゃんより一回りくらい年下だからちょうど40才くらいか。子供の頃から知ってるひろみくんなんだけど、小さいころは成績もあまりよくないし、中途半端にいきがってるだけの若者に見えていた。正直に言えば内心見下していたところがあったのに、いまや立場逆転である。

    まあ、世の中何が起こるか分からないけど、ピンちゃんも兄貴も小さいころから勉強はできる方だったから、ちょっといい気になっていたのかもしれない(兄貴はそんなことないけどさ)。何というか、一族に一人くらいは経済的に成功してる人がいるのはいいことだ。あとは散々だもんね。

    ということで、4人でだらだら高校野球を見ていたのだけど、10時20分に3人は実家方面に旅立ってしまった。兄貴が、これであっち行くのは最後になるけどどうする?と聞いてくれたのだけど、ピンちゃんは断った。あまり体調がよくないし、髪の毛も眉毛もまつ毛も何もない顔を他人に見られるのはいやである。

    一人取り残されたピンちゃんは、突然涙があふれてきてとまらなかった。

    ・・・

    いつだったか忘れたけどテレビを見ていたら、秀才揃いの開成高校の中でも一目置かれている卒業生がいる、現代の魔法使いと呼ばれているという触れ込みで落合陽一という若者が紹介されていた。あれ、そういえばyoutubeで見たことあるぞ、そのひとの作品。

    Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation


    定常波を発生させて、いろいろなものを宙に浮かせたり移動したりできるってことで、原理はとくに難しいことないのだけど、実際に見るとなかなか面白い。恐らく、定常波の発生のさせかたにもコツのようなものがあるのでしょう。

    本人はメディアアーティストを名乗っていて、科学と芸術の融合というようなことを研究しているようだ。ほうほう、これまたいかにも21世紀ぽいなとか思っていたら、おもむろにテレビ番組で驚天動地の情報がもたらされた。
    (下につづく)

    ・・・

    夜9時からNHKスペシャル「9秒台へのカウントダウン 密着 日本男子スプリンター」というのを見た。あと一歩のところまできてるのに、なかなか出ませんね9秒台。まあ、しょうがないかなあとは思いつつ、日本のマスコミが9秒9秒うるさいんだよね。

    10時からはTBSの7days。よく考えたら三雲さんて意外に頑張ってるというか、もうかなりの年齢でしょ。若手に道を譲ってやればいいのに。

    ・・・

    朝食
    エネーボ
    緑茶

    昼食
    エネーボ
    シーフードヌードルミニ

    夕食
    エネーボ

    ・・・

    体重44.8 体温35.9 血圧99-67

    09:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    09:40 タケキャブ錠20mg
    13:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    22:00 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    23:30 MTパッチ貼り替え
    23:40 オキノーム散5mg ← レスキュー用

    どうも夕方辺りから手足、肩などがこわばっている気がしていた。体がだるいしたけし&安住の番組も見たしさっさと寝ようと布団に入ったあと、やはり思い直して医療用麻薬の交換など。

    これで痛みというかこわばりがとれればいいのだけど。

    ・・・
    なっ、なんと、落合陽一さんは落合信彦の息子だという。えーーーーーーーーっ!これにはほんとに驚いた。まさに不意打ち。びっくりしたなあ、もう、である。落合陽一さんはいまやサンジャポなどにも出演するし一般的にも有名になりつつあると思うのだけど、お父上とはまた違った道を歩まれている。

    で、たまたまツイッターで面白いことをつぶやいていた。

    〇“伝説の作家”落合信彦のトンデモ伝説 ヘリで1番ホールに着陸
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00528587-shincho-ent&p=1

    どうやら上の記事が引き金になったようなんだけど、落合陽一さんがお父上について突然語り始めた。

    『落合信彦は嘘つきだ! というネット情報を盲信して育ったので,家庭で父の話を話半分で聞く癖があったんだけど,最近FBIのUFO文書が公開期限になったり,アルゼンチンのナチ隠れ家が2015年に見つかったり親父仕事してんじゃんとなった.』

    『落合信彦コンテンツは,清濁併せ持つ余裕さと,フィクション出版とノンフィクション出版を区別するリテラシーがあれば上質のエンタメ.実際よく働いてるし,面白い.ネット情報と暴露本から得た知識で批判的に20余年見て来たけど,イスラエルやアメリカや中国から要人よく家に遊びに来てたのは事実.』

    『落合信彦を疑って過ごして来たから,「検証不能なことを議論する商売を中心にしたキャリアパスは危うい,国際政治,社会学,ジャーナリズムには近づかない」と決めたし「論文,特許,実験検証,発明,作品やデモ」など「見せられるものがある」世界で戦おうと思ったし,今でも検証不能な議論は嫌い.』

    『僕の根源的な「人間」不信ー自分も他人もすべからく信じていない,ものにこだわりがないし,固執しないし許せる,相場観と時代性とエモさのゲームを検証することでしかものを考えない、でもそもそも人間ウザいから全て計算機にしたい.という感じなのはそういう落合信彦的家庭環境が効いていると思う.』

    『最近よく上場企業の社長さんや役員さんに仕事でお会いすることが多いんだけど,「お父さんの本を読んでいたおかげでアメリカの大学に留学して人生がうまくいきました,お身体に気をつけてお元気でお過ごしくださいと伝えてください」みたいなことをよく言われる.落合信彦いい仕事してんじゃんと思う.』

    『あとこれ落合信彦があまりに世間離れしてるから「嘘」にみえるよう印象操作してるだけ.1980年代情報提供のために3000-4000万は経費で使ってたと思うよ.父,取材時はファーストクラスでしか移動しないし国際電話一日中3万くらい平気でかけるし,年収はそれで全然余るほど稼いでたから.』

    『ジャーナリストが年収数億みたいなケースをイメージできないから嘘に見えるけど,当時本は数千万部売れてたし,野球選手が経費でプライベートジェットで行くのと変わらないんじゃないかな.』

    『いわゆる当時の「機密情報」が期限でネット公開され始めたので.「CIAの友達」からの又聞きとしては落合信彦いい線いってると思いますよ,実際.』

    『石油は見たことないんだよなぁ… ただ記事中のエクアドルの話はこの記事の方が間違ってるのであらぬ批判ですが.数年民間石油会社で働いたことがあるんじゃないかなって感じ.いわゆるプロじゃないベンチャー感.』

    『CIAとか空手とかは本当だと思うけど,石油は知らない.別にCIAに大勢知り合いがいるのは全然変じゃない.俺が国際会議でMI6の元長官と議論してるくらいだし.空手は叔父が今でもアメリカで空手教えてるからね.エクアドルの石油は1970-3に民間石油会社で超躍進したので記事がなんか変.』

    『落合信彦関連は嘘というより「狂ったエピソード」ありすぎるのでホラにしか聞こえないんだよな… おれ的に一番やばかったのは,小学生くらいのときだけど,ホテルのベッドの上に7-8000万くらい現金置きっ放しにしてたら清掃の時にまるっきり盗まれたやつ.』

    『シークレットシューズ履いてないよ.横に並ぶと相変わらず小さいって感じ.でも161くらいじゃない?』

    『傭兵部隊の取材の時に,ロープでの降下訓練をグズグズしてる編集に,父が拳銃で威嚇射撃してたって集英社の編集の人に聞きました…』

    『頑固なので馬鹿と口はきかん! とか決めると何も言ってくれなくなるんですよ,あの人.

    まぁ別に収入あるし今もリッチな生活してるから相手にしなくていいんじゃないかと思ってるのかも.ちょっと盛ってる癖はあるかもしれませんが,やってたことは大体本当です.』

    『「石油を掘って一発当てた」んじゃなくて「石油を掘るベンチャー民間石油会社を売って」一発当てたんじゃないのか? ってのが僕がずっと見てた彼の資産と石油トークからくる印象ですけど,キャロラインケネディとあったときその辺のトークしてましたし,昔は空手は立件されうる程度には強かったはず』

    『よくネタにされブルースリーと対決する「落合信彦」話だけど,それ叔父の「落合秀彦」の方で,彼は燃えよドラゴンのスタッフロールにも出てくるしヌンチャクの技術スタッフとかやってたからじゃない?』

    『デーブスペクターとテリー伊藤という明らかに外野の落合信彦批判を書く記事の「信ぴょう性のズレ」を誰も気に留めないのが気になる.マーガレットサッチャーと対談したりアウン=サン=スーチーと対談したり,ドナルドトランプと対談したりと,そういう記事や本書いてたんだからそりゃ経費かかるだろ.』

    『あとは「奥菜秀次」っていう「名前も顔もわからない人物」が出した「真偽不明の個人の感想」に基づく「落合信彦暴露本」を信じてしまう日本マス層やべえし,暴露本の捏造とかそれっぽい印象操作なんて楽勝だから,いい小遣い稼ぎになったんだろうけど,今で言う文春砲ビジネスみたいなもんなんだろう.』

    ふーむ、落合信彦ファンで、ある時点までの著書はほとんど読んでいるピンちゃんにとっては実の息子さんが語るノビー落合の真実であるからかなり興奮しながら読んでいた。これこそ、ハードエビデンスである。熱く生きれ、豚になるな!である。

    まあ、何しろ普通の人ではないのでご子息もいろいろあったのだろうけど、昔は話半分で聞いていた父親の事を、ここまで自信をもって語れるようになったのはよかったですね。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/5996
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE