ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 世の中は起きて箱して寝て食って | main | 数式書きたい症候群 >>
抗がん剤治療:4コース1週目 経過良好
0
    午前6時起床。曇り。湿度80%

    何とか起きだし、急いで朝食。朝からばたばたするのは久しぶりだ。7時半にアパートを出発し、駅についてみると思ったほど学生は多くない。通学ラッシュはもう少し早い時間帯なのかもしれない。

    それでも電車の中には学生がそれなりにいた。ピンちゃんが恐れていたのは座れる座席がない事、つまりは立っていないといけないことだった。終点まで10分ほどなのだけど、その10分がきついのだ。幸い往路では楽々座ることができて安堵した。

    昔は自分の外見にコンプレックスを持ったことはなかったけど、今や青白い顔色で坊主でげっそりしているから、三席分くらい空いてないと座る勇気がでないので大変なのだ。

    ・・・

    抗がん剤の投与は1時間半〜2時間くらいかかるのだけど、ずっとうつらうつら寝ていた。前は携帯電話で2ちゃんねるを見たりしていたのに、今日に限って最初から寝てるので看護師さんが気にしていたようである。「今日は早起きしたから」などと適当に答えておいたけど、何となくだるくて眠かったのである。

    眠さにまかせてうつらうつらしているのは極楽のように気持ちがよかった。

    ・・・

    地元駅まで帰り着き、スーパーに寄って買い物をするか迷ったのだけど、やはりやめておいた。最近このパターンが多いのだけど、軽い眩暈がしてるので無理は禁物と判断したのだ。気温自体はそれほど高くはないけど直射日光がぎらぎら照りつけていたし。道端で突然倒れたりしたら救急車を呼ばれて大事になってしまいますからね。

    午後1時40分に帰宅して、なんとか昼食を食べた。部屋に熱気がこもっていたので窓を開けエアコン始動。やりたいことは幾つかあったのだけど、どうも体がだるいのと軽い眩暈を感じるのでまたもや布団にもぐり込んだ。

    (仮眠)

    起きだすと午後7時半で暗くなりかけていた。日が長くなったものである。さて、ここからが夜の部だぞと思いつつテレビを点けるとNHKでは大雨災害の報道が続いている。予想以上の被害が明らかになってきている。

    阪神淡路大震災は大雨じゃなく地震だったけど、あの頃から日本人の防災意識に変化が表れてきたんじゃないかなとピンちゃんは睨んでいる。その後、ゲリラ豪雨など、日本の気象そのものにも変化が表れ、大雨による災害が増えてきたような印象がある。

    ここ数年で忘れられないのは広島の件だけど、昨年は北海道でも大雨被害があった。今回の九州福岡や広島と比べると小規模ではあったけど、それでも地元では大騒ぎ。地元被害だと細かい情報が継続的に入り続けるから、地元か他県かでかなり印象も違ってくるのだろう。

    ・・・

    結局、物理の勉強もなにもできない1日であったな。通院の日だったからしょうがないけど。あと、体のだるさと眩暈の原因も突き止めたいところだ。

    (沈思黙考)

    うーむ、あまり楽観的になるのもあれなので上に書かなかったんだけど、実はCTスキャンの画像を見る限り、かなり抗がん剤が効いてるらしい。肝臓に転移した腫瘍が小さくなってきてるっぽい。食道の具合もよくなっているとか言ってたけど、これは誤解というか適当に言ってるだけだと思う。ピンちゃんがお粥じゃなくて普通のごはんも食べられると言ったから、勝手に若先生がそう思っただけだろう。

    CTスキャンの輪切り画像を見ただけでは食道横のリンパ節の状態は分からないと思う。輪切りじゃなくて縦切り画像が必要だと思うけど、見たことないし。あれ、3Dデータがあるんだから、画像解析のプログラムを改良すれば縦切り画像を再構成できると思うんだけどなあ。

    ちょっと話がそれたけど、抗がん剤治療そのものは良好らしいのである。このままどんどん肝臓の腫瘍が小さくなっていってくれればいいけれども、どこかでそれ以上小さくならない時が来るのだろう。そこからが本当の勝負である。

    ・・・

    朝食
    エネーボ
    ごはん ← ほんの少し
    麻婆豆腐

    昼食
    エネーボ
    チキンラーメンミニ
    バニラアイス
    ミルクコーヒー

    夕食
    エネーボ
    どん兵衛ミニ
    緑茶

    即席めんはあまり体によくないかなと思いつつ、とりあえずミニサイズだと塩分も脂質も許容範囲内なので。手軽だしさ。あとね、ようやく体重が増加傾向に転じ始めました。

    ・・・

    体重46.0 体温36.5 血圧96-63

    06:40 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    06:40 タケキャブ錠20mg
    14:10 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    20:30 ボルタレン錠25mg カロナール細粒50% 酸化マグネシウム0.67g
    21:50 オキノーム ← だるさ、眩暈に効くのか一応テスト
    23:55 MTパッチ貼り替え

    ・・・

    通院交通費:¥860
    治療費:¥44400
    薬代:¥4610 ← エネーボ代は抜き

    夜コンビニで買ったもの
    低脂肪牛乳:¥152
    明治エッセンス超バニラ:¥140
    牧場の朝ヨーグルト3P:¥107
    あんドーナツ:¥108
    龍角散ののどすっきり飴:¥257
    日清きつねどん兵衛ミニ2個:¥218
    日清シーフードヌードルミニ:¥109
    三ツ矢サイダーキャンディ:¥159
    バーベキュースナック:¥108
    月間少年マガジン8月号:¥490
    小計:1848円

    〆て、51718円の出費也。痛い!

    しょうがないことだけど、月初めの病院代はかなり嵩みますね。何はともあれ自宅療養も三か月目に入り、出費サイクルもだんだん固まってきました。今月は道市民税の支払いはありません。

    ・・・
    ある日突然「がん」を告知された子どもたちは、何に苦しみ、どんな夢を見るのか

    この手の話は昔からテレビなどで見たことがあったけれど、まだ子供なのにかわいそうになあという月並みな感想以上のものを持ったことはなかった。50才になり自分が末期がんだと宣告されたあとも、この点ではあまり変わらないようだ。自分でも少し意外だ。

    自分も不幸ではあるけど、それでも50年は生きてこられたからまだましだなという気分が全くないとはいわない。ただ、それだけではないことは自分の中では明らかなのだけど、きちんと文章にまとめることができない。病気と自分の生活、人生と死というものがまだ整理しきれていないのだろうと思う。

    もうひとつ、上の記事の中にもあるけど、近年の医学の急速な進歩という観点も無視できない。ピンちゃんが子供の頃なら白血病といえば不治の病の代名詞であった。しかも、若い人でもなる病気であったから余計に悲劇性を帯びて心の中に印象付けられていた。

    引き合いに出して悪いけれども、例えば1985年に亡くなった夏目雅子さんなどの印象が強かった。だから、渡辺謙さんが『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板したと聞いたときは、漠然と長くないのだろうなと思ったものである。ちなみに、渡辺謙さんが病に倒れたのは1989年の事である。

    同じ病気で片方は若くして急逝し、片方は現在も元気に活躍しておられる。その違いがどこにあったのかピンちゃんには分からないけれども、とにかく白血病が不治の病というイメージはかなり薄れてきたのは確かである。

    絶対に助からないことと、ひょっとしたら助かるかもしれないということの間には非常に大きな違いがある。また、助からないけれども余命を延ばすことはできるとか、それ程余命は伸ばせないけど緩和ケアによって痛みからは解放されるとか、いろいろな要因が絡み合っているので、簡単に結論のようなものを導き出せない。

    『同院小児がんセンター長の松本公一医師によれば、今はすべての小児がんの平均値としては、約70〜80%の患者が治癒する時代だ。』

    ──と、上の記事にもある通り、幸い、小児がんについてはかなり状況はよくなっているようだ。諦めずに治療するモチベーションにもなっているのでしょう。

    あれやこれや考えて、やはり頑張ってねと思いながら赤貧日記にこっそり書いておくくらいしかできない。

    ・・・

    われとわが身を眠らす子守唄 美空ひばり Mayu


    声と歌い方が似てますが、Mayuさんという方のカバーみたいです。

    われとわが身を眠らす子守唄 美空ひばり
    https://www.youtube.com/watch?v=3C-tPvz4WD4

    美空ひばりさんのオリジナル音源はこちら↑
    (ブログ内埋め込み不可のようなので音声リンクだけ)
    | 日記 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    いつもブログ見てます。体重増加おめでとう、このままがんばれー
    | 哲三 | 2017/07/07 8:57 PM |
    Georgia on My Mind
    に似てますね
    | 泰 | 2017/07/08 10:27 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/5948
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE