ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 麻央ちゃんに同情してる場合じゃなかった | main | 【おしらせ】 >>
慢性膵炎からの簡単な足取り
0
    午前6時半起床。晴れ。

    ということで、遂にカミングアウトしてしまいました。昨晩は兄貴から電話が来たりして、ピンちゃんも少々興奮したり落ち込んだり涙ぐんだりしていたのだけど、一晩寝たらだいぶ落ち着きました。薬も効いてるようで左肩もそれほど痛まない。

    もう少し状況を詳しく説明すると先週21日に痛み止めを貰おうと病院に行き、そのときに先生が念のために血液検査とCTスキャンをもう一度してみようと言い出した。何しろそのときは癌だなんて思っていなかったし、嚥下障害と左肩、背中の痛みで困っていた。

    昨年に処方してもらった痛み止めの残りを服用したら肩の痛みはよくなったから、同じ痛み止めだけでも処方してもらおうと思っていた。このへんのことは赤貧日記にも書いたと思います。

    で、血液検査の結果は前回と同じだったのだけど、CTスキャンを見ると肝臓にかなりスポットらしきものが散らばっている。S先生も驚いていて、恐らくこれは悪性腫瘍だと思うが、もう一度造影剤を注入してCTスキャンして見ないと断言まではできないとのこと。ただし、再検査の時は母親か兄を同伴して欲しいと言われた。もうほとんど確定である。

    一週間後の昨日にCTスキャンを撮りなおし、これはがん転移で間違いないということになった。癌の進行具合は大ざっぱに言えばステージ1〜4に分類できるけど、肝臓に転移しているとなればステージ4である。もともと予後が悪いと有名な膵臓癌だけど、ステージ4の5年生存率は実に1.4%、、、orz

    これを千人に14人は5年生きていられると前向きに捉えることもできるけれども、普通に考えれば5年は無理だろう。だとしても、半年と3年ではかなり違うし、落ち着いて今後の方針を考える必要はある。

    昨日の時点でS先生はいきなり逃げ腰であてにならないから、明日診てもらう予定の腫瘍内科の先生に期待するしかない。北大から週に一回通っている先生ということで、どういう方なのか全く分からないのだけど。

    ・・・

    昨年2月に退院したときは慢性膵炎だなと思いつつ、膵臓癌かもしれないという不安も残っていた。しかし、少しづつ体力が戻り仕事に復帰してからは普通に生活できるようになり、そんな不安も忘れがちであった。

    途中で何度か体調が崩れ仕事を休んだこともあったけど、不思議と癌のことは思いうかばなかった。慢性膵炎の調子が悪くなったのだろう、生活に気をつけないといけないなと思っていた。不注意というべきか、それなりに忙しく安定した生活が続き油断していたのだろう。

    今にして思えば、昨年の夏に急に具合が悪くなった(CRPが急上昇した)とき、あれがひとつのサインだったのかもしれない。そして、一番のサインは今年になってから顕著になった嚥下障害なんだろう。これ、やはり癌の影響なんだろうな。

    ピンちゃんも心配だったから、2月13日「自分の胃の中を見た」に書いた通り、内視鏡検査をしてもらっている。この時はS先生が直接診てくれた。結果は、食道も胃の中も問題なしということだった。ただ、胃の中に小さな腫瘍のようなものがあったけど、これは良性のもので問題ないからとS先生は言っていた。ひょっとすると、今頃悪性のものになっているのかもしれない。

    心配だったから、3月10日にも別の耳鼻咽喉科で喉の内視鏡検査をしてもらい、このときも問題なしだったから、一概にS先生を責めるのは酷なのかもしれないが。そして、3月21日、28日とCTスキャンして膵臓癌の肝臓転移というのが現状である。

    ・・・

    こうして振り返ってみると、昨年2月に入院した時点でステージ0か1くらいの膵臓癌だった可能性はある。ただし、あの時も用心して他病院で超音波内視鏡(EUS)の検査はしたのだ。膵臓癌の所見は出なかったから、見逃してもしょうがなかったかなとも思う。

    更に詳しく調べたいときは内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)という検査法があることは調べて知っていた。けれど、場合によっては急性膵炎を引き起こす可能性があることも知っていた。

    当時はお金がなかったし、急性膵炎の痛みを想像して、迷ったけれどERCPまではしなかった。EUSをやってくれた先生のセカンドオピニオンとしては「炎症が完全に収まってからERCP検査をしてはどうか」と勧められたのだけど。。orz

    ピンちゃんが得たささやかな教訓としては、みなさんがもし体調が悪くなった時は、出来る検査は一通りやった方がいいということかな。読んでもらえば分かるように、ピンちゃんだって何もしなかった訳ではないけど、それでもあとで後悔することはあるのです。

    ・・・

    ミルクコーヒー
    ストロベリーヨーグルト
    りんご1/2すりおろし

    カレイの煮付け
    具たくさん味噌汁

    ミルクコーヒー
    カスタードエクレア

    サバみそ煮
    具たくさん味噌汁



    きつめの薬に変えたせいか、食べられなくなっていたものが喉を通る。これはチャンスとばかり少しづつ食べてます。少しでも栄養を採らないと、顔が痩せてしまってみったくないのだよね。

    ・・・
    〇世界初 四肢まひ患者、脳に埋めた電極の信号で自ら食事 報告
    http://www.afpbb.com/articles/-/3123101

    『 目覚ましい進歩のポイントは神経プロテーゼ(人工器官)を使用し、脊椎損傷部分を治療せずにむしろ迂回(うかい)したことにある。』

    脊髄を損傷するとしばしば四肢が麻痺してしまうけれど、あれは脊髄を通っている神経群が切断されてしまうということだろうか。その辺からよく理解していないのだけど、今回は脊髄を迂回して直接脳から筋肉へ刺激を与えて動かすことができるようになったのか。

    いろんな方向から科学や医療技術は進歩していくのだな。ほんとにすごいことだ。

    〇県内9連覇誇る強豪=顧問は「山のエキスパート」―大田原高の山岳部
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000079-jij-soci

    痛ましい事故だけど、遺族の親御さんたちは悲しみながらもぐっとこらえてインタビューに答えたり、大田原高校の校長先生が意外に淡々と事故について反省の弁を語っていたり、全体的に当事者たちの反応が抑制的なんですね。何か地域的な特質でもあるのかしら。

    〇<仮想通貨>利用広がる ネットで資金公募も 送金速さ期待
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000009-mai-bus_all

    ダメだ、ピンちゃんは完全に前世紀脳で、この手の仮想通貨とか全く理解する気になれない。理解できたとしても生理的にダメなレベル。

    〇死刑執行人の残した死刑と死刑囚に関する10の記録
    http://karapaia.com/archives/52236477.html

    死刑廃止論の根拠にひとつに冤罪の問題がある。それはその通りと思うけど、むしろ、死刑執行人が気の毒だからという理由の死刑反対論があってもいい。と、昔から考えていた。
    | 日記 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    初めてコメントします。
    毎日ピンちゃんのブログを見て
    年齢も近いことから親近感を抱いてました。

    またいつもの冗談かなと読んでましたが
    そうではなく とってもショックです。

    これからもこのブログ読み続けます。
    最後にピンちゃん
    いつまでも仲間だと思っています
    | 糸ちゃん | 2017/03/30 10:38 AM |
    私も初めてコメントします。
    大石先生のところからリンクを飛んできたのがきっかけで、愛読暦は長いです。
    過去のピンちゃんの文章も全部読んでます。

    私も北海道でして、ピンちゃんどこかで作業してるのかな〜と車を運転するたびに思っていました。

    ピンちゃんの文章楽しみにしている人、きっと多いと思います。
    これからも楽しみにしてますからね!
    | まいける2 | 2017/03/30 7:34 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/5840
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE