ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 風向きはコリオリの命ずるままに | main | ロボットのロボットによる人間のための >>
新語・流行語大賞 in 2016「神ってる」
0
    毎年年末になると各テレビ局が取り上げる新語・流行語大賞ですが、今年の大賞は「神ってる」に決定。世間ではあまり評判はよろしくないようですが、個人的にも初耳でした。

    『25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島カープ。シーズン中の6月のオリックス戦で2試合連続の決勝弾を放った鈴木誠也外野手、試合後の談話でそれをたたえる緒方孝市監督が、「神懸かってる」と言うところを、いまどきの言葉を使った。「神ってる」。これはもともとネットの住人たちが汎用していたワードで、中高校生にとっては当たり前の表現だが、プロ野球というオヤジの世界で使われたことで異彩を放ち、2016年に輝く一語となった。』
    自由国民社のサイトから抜粋引用

    ふーむ、そういうことでしたか。ひょっとするとニュース番組のスポーツコーナーで耳にしたことくらいはあったのかもしれませんが、流行語としては意識していなかった。おそらく、野球ファン以外のひとはほとんど知らないのではないでしょうか。

    いったいどんな人々が選んだのかと気になりますが、以下の方々が選考委員なのだそうです。

    姜尚中(作家・聖学院大学学長)
    俵万智(歌人)
    室井滋(女優・エッセイスト)
    やくみつる(漫画家)
    箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)
    清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)

    どういう基準で選考委員が選ばれているのか不思議ですが、とにかく上の面々が大賞以外にも10の流行語を選ばれたそうなので、そちらも列挙してみましょう。

    「聖地巡礼」「トランプ現象」「ゲス不倫」「マイナス金利」「盛り土」「保育園落ちた日本死ね」「ポケモンGO」「(僕の)アモーレ」「PPAP」「復興城主」

    こうして眺めてみると2016年に起こった出来事が思い出されるような気がするので、それなりに世相を反映した流行語と言ってよいのでしょう。都合11の言葉が選ばれている訳ですが、分野別に見ると、

    政治経済:「トランプ現象」「マイナス金利」「盛り土」「保育園落ちた日本死ね」
    芸能スポーツ:「神ってる」「ゲス不倫」「(僕の)アモーレ」「PPAP」
    エンタメ:「聖地巡礼」「ポケモンGO」
    その他:「復興城主」

    という感じでしょうか。こうしてみると「ゲス不倫」と「保育園落ちた日本死ね」は下品かなと思いますが、某有名芸能人の不倫騒動はたしかにかなり長い間お茶の間の話題になっていましたから、選ばれるのも分かるような気はします。

    最近では「これ流行語大賞に選ばれるんじゃない?」などという会話がかわされることも珍しくないくらいメジャーな存在になりましたから、下品な言葉は避けたほうがいいとは思いますけどね。

    ・・・

    新語・流行語大賞を選定しているのは自由国民社という出版社(「現代用語の基礎知識」発行)で、1984年に自主的にはじめたそうです。世間の注目を集めるようになったのはここ数年ですが、実は30年以上の伝統があったんですね。

    年末に1年を振り返るときのキーワードになる流行語ですから、楽しい言葉が多く選ばれるといいですね。
    | コラム | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/5712
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE