ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 虫歯治療12回目:370円(18600円) | main | 男の料理はスピード第一! >>
『ザ・シューター/極大射程』
0
    午後2時50分から『ザ・シューター/極大射程』鑑賞。前にも観たことあるよなと思いつつもはっきり思い出せない。原作は言わずと知れたスティーヴン・ハンターの「ボブ・リー・スワガー」シリーズ。欧米作家の粘り強い筆力のことを「地肩が強い」と表現したのはナンシー関だっただろうか。言いえて妙とはこのことで、まさに地肩が強い作家ハンターが作りだしたボブ・リー・スワガーはとても魅力的な男であるが、どのように映画化されているのだろう。

    ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
    パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-04-25)売り上げランキング: 26,951


    『元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォーフバーグ)は一線を退き、広大な自然広がる山奥で隠遁生活を送っていた。しかし、退役したアイザック・ジョンソン大佐(ダニー・グローバー)が彼のもとを訪問し、大統領暗殺計画が発覚したため、ボブの力を借りたいと言う。ところが、それは巧妙に仕組まれた罠だった…。』
    テレビ番組欄から引用

    ザ・シューター/極大射程 - 予告編


    原作小説を読んだのは15年近く前だったと記憶しているけど、重厚に折り重なった物語から上手い具合に映画としてのストーリーを抜き出している。映画のストーリーとしては三段階に分けることが出来る。

    まず、プロローグとして、スワガー軍曹と相棒観測手ドニーがアフリカの戦場で戦っている場面から映画は始まる。味方部隊を援護するため奮闘するふたりだったが、エリトリア領内に深く侵入していた事実を葬り去りたい作戦本部はふたりを見捨てる。相棒ドニーは敵のヘリによる機銃掃射で殺されてしまう。

    何とか脱出したスワガーは除隊して故郷で隠遁生活を送っている。そして除隊から3年経ったところからがこの映画のメインストーリーである。隠遁生活をおくるスワガーにジョンソン大佐という人物が接触して来る。長距離狙撃によるアメリカ大統領の暗殺計画があり、その阻止に協力して欲しいという申し出だった。

    愛国心を刺激されたスワガーは協力することにするが、それは巧妙に仕組まれた罠だった。逆に狙撃犯として追われる身になるスワガー。ここから新しい相棒になる若きFBI捜査官、元相棒の妻などが登場しスワガーの逃亡を助けることになるのだけど、ここから先は実際に見てのお楽しみということで。

    ・・・

    原作小説ではスワガーがFBIに逮捕されてから身の潔白を証明する後半部分も見ものなのだけど、映画では割とあっさりした描写になっていた。何しろ原作は分厚い文庫本上下二冊のボリュームがあり、登場人物についてもひとりひとり丁寧に描写しているから、全てを映像化する訳にはいかない。

    ところで、最近トランプ氏が大統領選に勝ち、日本人が知っていたアメリカというのは都会のことだけで、トランプ人気を下支えしたアメリカの田舎を知らなかったという話があるけれど、まさに原作小説ではアメリカの田舎の気風が描かれていて興味深い。

    極大射程 上 (扶桑社ミステリー)
    スティーヴン・ハンター 扶桑社 売り上げランキング: 194,812


    濡れ衣を着せられたスワガーは地元の山奥に逃げ込むのだけど、大統領狙撃犯として全米で指名手配されているお尋ね者にもかかわらず、昔からスワガーを知る地元の人々は陰に陽にかばい続ける。この手の田舎の閉鎖性と連帯感というものは日本にもあるけれど、銃を手放すことをかたくなに拒否し続けるメンタリティと共に古き良きアメリカ人というものの原型が感じられて興味深い。

    ・・・

    最後に、積極的に進める訳ではないけどyoutubeで「Shooter 2007」を検索すると、フルムービーが幾つかあります。日本語字幕はついてないけど、無料で観たい人には便利かもしれません。
    | 読書・映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/5690
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE