ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 24時間連続勤務はこれが最後だとO宮さんは言ったが。。。 | main | 台風8号の影響はあまりなし >>
母からの電話
0
    母からの電話で起こされた。音沙汰ないけどどうなっているのよ、とのこと。実は、病院に行く前の日に電話して、かくかくしかじかだから病院に払うお金が足りなくなるかもしれない。ついてはお金を借りに行くと言ってあった。

    しかし、手持ちのお金で足りたし、その日は車の運転もちょっと辛いかなという状態で、今日は行かないわと母をがっくりさせたばかりだった。こちらもいい年したおっさんであるし、そうほいほいお金を借りに行くのも気は進まない。しかもわき腹が痛くて運転も辛いという言い訳もある。

    そんなこんなで母をぬか喜びさせておいて、こちらからは連絡しないで部屋で飲んでいた。何の理由がなくても、その理由がお金の無心であっても、母は私と会うことを喜ぶ。知っていながら、こちらからは連絡しなかった。だから悪いなとは思っていた。

    「いったいどうなってるのよ?」
    「・・・」
    「どうだ、まだ痛いのか?」
    「痛いよ」
    「お前、お金あるのか?」
    「あんまりない」
    「どうするのよ」
    「・・・」
    「なあ、お前さ、今日うちに来い」
    「ああ」
    「来るのか?」
    「行くわ」
    「そうか!したらな、9時過ぎに来い。9時過ぎだぞ」
    「わかった」

    ・・・

    母からの電話は7時過ぎだった。もともと電話が来る前から目は覚めていた。それほどアルコールは残ってないだろうから大丈夫だなと思いながら寝床で横になっていると、夢とも幻覚ともつかない妄想がわいて出る。今回はほとんど映像はない。自分が主演しているラジオドラマを聴いている感じといえば、雰囲気は伝わるだろうか。

    どんなドラマかと言えば、まさしく実家へ帰る自分なのでである。実家に帰りがてら何かの仕事の続きをしないといけないのだけど、それが何なのかはっきり思い出せない。警備の仕事のようでもあり、何かのメンテナンス或いはもう少し手の込んだ施工のようでもある。もちろん施工なんてできるはずがないから妄想なのである。

    こういう状況の夢だった訳ではない。寝床に横になって目はつむっているけれども意識はある。かなり朦朧とした意識ではあるが。ときどき正気に戻り、いやいや、こんなのは前回見た夢かなんかの話だろと思う一方で、ちょっと待てよと思うのである。よく考えてみると、前にやりかけで中途半端になっていた仕事じゃなかったかな。

    アパートから会社までの経路に沿ってボイラー管のようなものはなかったかな、いや、実家に帰る途中だったか。いきつもどりつそんなことを考えながら、時々、いやそんなはずだない。何故ならそんなボイラー管など思い出せないし、あるはずがないと理性が戻ったりする。

    こんなことを行きつ戻りつ考えながら、時々携帯で時間を確認しているのである。9時過ぎに来いと言っていたから、そろそろ起きださないとまずいのじゃないかと思うと、その思いがプレッシャーになって起き上がれない。まあ、あと1時間くらいは大丈夫だろう。何も母が言った時間どおりに行く必要なんてないのだから。

    そして、あと30分、あと15分と思いながら、遂に母に電話した。

    「もしもし」
    「ああ、あのさ、午後から行ってもいいかい」
    「なしてさ」
    「・・・」
    「お前な、お母さんなんてお前の部屋に行って掃除してやろうと思っていたんだぞ」
    (やはり、そうか。そんなところだと思っていた)
    「いや、部屋はきれいだ」
    「・・・」
    「だめかい」
    「ほんとこの子はこうだもな。分かったからちゃんとこいよ」

    ・・・

    車を縁石ぎりぎりに停め、荷物を何度かに分けて部屋に運び込んだ。といっても、いつもに比べればそれほど多くない。トイレットペーパーに衣類、食料品が少々。どこからどう集めているのか不思議に思うのだが、意外に衣類は多かった。これはな、誰それさんからバザーで売れって言われて貰ったものだけどな。。。

    あれを持って行け、これを持って行けと衣類を選ぶとき、母は何度もこれなんて生地もいいしと自慢げに言っていた。それを角が立たない程度に断って、何とかスーツ一着と小さめの紙袋一つにまで減らしたのだ。

    古くていらなくなっていた奴なんてどんどん捨てろよとも母は言っていたが、母の助言に従うなら、真っ先に捨てるのは母からもらった衣類になるだろう。一人暮らしなら決して狭くはない2DKの部屋は、母からもらった衣類が収まりどころを見つけられずにいる。

    ・・・

    ほんとうは、言われたとおり9時過ぎに帰省し、母を部屋まで連れてきて見せたかった。最近大掃除した部屋を自慢したかった。

    そして、あら、お前どうしたのよ、随分きれいにしてるんでしょと褒めて欲しかった。
    | エッセイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/4799
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE