ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< The rich are not always so happy, but... | main | 母からの電話 >>
24時間連続勤務はこれが最後だとO宮さんは言ったが。。。
0
    はあ、疲れた。ほんと疲れた。しかも、足の裏が尋常じゃないくらい痛い。

    大体ですね、ベストの状態でも24時間も連続で働けば足の裏くらい痛くなって当然なんだけど、今回の現場の場合は更に悪条件が重なっていたのです。作業内容が「切削オーバーレイ」と言われるものだということは何度か書いたと思うけど、まずは巨大な切削機で舗装を削り、その上に舗装をし直す工事の事です。

    街中の生活道路みたいなところの舗装は単層舗装なのだけど、交通量の多い国道や高速道路などは二重、場合によっては三重舗装です。ピンちゃんたち警備員は、アスファルト合材を積んだダンプの誘導などを担当しているのだけど、当然、まだ固まり切らない舗装の上を歩き回ります。

    なので、靴の裏が↓みたいなことになってしまいます。



    全く同じ靴の裏を二足分並べているのはお分かりでしょう。右側が新品で、左側が今日仕事が終わった直後のものです。凄いでしょ。靴の裏にこびりついている黒いのが、もちろんアスファルト合材です。合材には小石が混ぜてあって、そのせいで足の裏が痛くて難儀しました。上手い具合にツボの部分を刺激してくれればいいのだけど、そう都合よくはいかない(笑)。

    ・・・

    仕事が終わり、会社に寄り必要なことを記入した後、高速現場の七つ道具を返却して一安心(紛失すると大騒ぎになるものが含まれている)。遠足と同じで、ここまでが高速現場の仕事なのです。明日は全く別の高速現場の夜勤でしかもやや遠いところだと言われたので、やれやれ給油しておこうかとガソリンスタンドに車で向かっていると。。。

    『携帯電話が爆発するんじゃないかというくらいの警告音を発したので、何事かと驚いたら地震速報だった。どうやら、私が住んでる地域で大きな地震があったそうな。車を運転していたので気づかなかった。』

    ↑はピンちゃんのツイートのコピペだけど、ほんとにびっくりした。心臓が止まったらどうするつもりだ。地震速報でこんな警告音が鳴るなんて聞いてないぞ。ほんと、びっくりしたなあ、もう。

    白老で震度5弱、2人が軽傷 JR室蘭線は一時運転見合わせ
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/550001.html

    まあ、全国百万の「ピンちゃんの赤貧日記」ファンの皆様なら、ピンちゃんの実家が白 老であることくらいは察しがついているだろうから、今更隠してもしょうがないけど、どうやら今日北海道で起こった地震で一番揺れたのはピンちゃんの故郷であるらしかった。

    さほどの被害はなかったらしいから安心したけど、どうも剣呑なことである。日本列島は幾つかのプレートに乗っかってしまっているらしい地震国であるなと、改めて思う。こんな国で原子力発電なんて正気の沙汰じゃないという意見にも一定の理解は示す訳だけど、現実問題としていきなり原子力発電を全て凍結するのは無茶じゃないかとも思ってます。

    ・・・

    夕方地元スーパーで買ったもの
    3リットル紙パック日本酒:¥1112
    納豆4P:¥84
    レジ袋:¥5
    にら:¥105
    もやし炒めの素:¥102
    もやし:¥16
    まぐろのっけ盛り:¥198 ← 半額

    〆て、1622円の出費也
    〇スーパーフリー再来 女子大生が続々レイプ被害「脱法ハーブ」合コン(1)
    http://wjn.jp/article/detail/5308338/

    週刊実話の記事だから話半分としても、路上に女子大生が多数横たわる画像はインパクトありましたね。ピンちゃんはツイッターですぐに知ったのだけど。

    明治大学に限らず、軟派なテニスサークルみたいなのは、いわゆるヤリサーみたいなのが多数あるんだろうけど、高校生の頃硬式テニス部で真面目に練習していたピンちゃんとしては、ちょっと許せないなという気持ちがあります。何でもそうだろうけど、テニスだって本気でやればきついスポーツなんですよ。

    で、話を戻すけど、男子大学生なんてやりたいさかりだから、飲み会ひらいてお持ち帰りしたいという気持ちは分かるし勝手にしてくれていいのだけど、最低限のルールは守らなくちゃいけない。そして、女子大学生だって単なる被害者とはいいがたい。口コミの噂なんてものは一瞬で千里を走るものだから、危ないなと思ったら自衛しないと。

    もう大学に入学してから3か月以上経ってるんだから、耳年増な女子の皆さんはいろんな情報を仕入れているころでしょ。

    〇ヘイトスピーチ:子どもの心の深い傷「差別許さない」判決
    http://mainichi.jp/select/news/20140708k0000e040217000c.html

    まず、ピンちゃんは明確にウヨなひとだと宣言してから書くのだけど、「在日特権を許さない市民の会」のメンバーというのはどういう人たちなのだろうか。数年前から、何か騒いでいる奴らがいるなとネットで眺めていたけど、大して興味がなかったのでいままで詳しく調べたことがない。

    なので、興味深く毎日新聞の記事を読んだけど、まともなことが書いてあって安心した。

    「在日朝鮮人を嫌悪・蔑視する発言は下品かつ低俗で、強い違法性が認められる」

    「子どもたちの静かな日常を奪われた怒りを分かってほしい」

    「今回の出来事が日本人と在日朝鮮人が共にどう生きていくのか、語り合うきっかけになれば」← 特に感銘を受けた発言

    「在日コリアンに対する差別や偏見に影響されることなく、正義を貫徹した裁判官に感謝と敬意の念を伝えたい。今回の判決が、差別を許さないという日本社会の動きを後押しすることを期待する」

    今回のヘイトスピーチ裁判に関しては、誰が見たって在特会が悪いのは明らかで、こんなもん、有罪になって当然である。

    ・・・

    ただし、ピンちゃんにも在日朝鮮人、或いは韓国や北朝鮮に言いたいことはある。一例だけ挙げれば、昔朝鮮半島界隈に何か都合の悪いことが起きると、すぐに在日朝鮮人の女の子のチマチョゴリが切られたと大騒ぎになったものだけど、最近は起きない。

    まあ、誰が考えても昔のチマチョゴリ云々は、在日朝鮮人の自作自演だったんでしょう。少なくともピンちゃんはそう確信しております。

    そういう人々だから、日本人から警戒されるのです。自分たちは弱者だ被害者だと喚きすぎる。日本人の感覚からすれば見苦しいし、見下されて当然の行動です。そして、真面目に生きている在日朝鮮人の人々でさえ、決してチマチョゴリの自作自演がどう行われていたのか告発してはくれない。北朝鮮の日本人拉致事件に関しても口を閉ざしている。情報がないはずないのに。

    重ねて言うけれども、そういう態度だから、日本人から警戒され、嫌われるのです。
    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/4798
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE