ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 地震と津波と福島原発に関することなど | main | 時にはテレビを消して音楽を >>
核反応のエトセトラ
0
    津波被害は甚大だけど、これから徐々に回復していくことでしょう。瓦礫の山から死体を回収している自衛隊の皆様には頭が下がります。

    日本経済にたいする影響が大きい計画停電の問題は、非常に情報が錯綜しているけど、これは仕方ないんじゃないかなと思いながら眺めております。そのうち落ち着いてくることでしょう。

    今最も危ないのは福島原発関連だけど、これとて外野がいきりたってもどうしようもないしなあ。日本の原子力行政の問題点については、一時期盛んに議論されて、その後下火になったけど、もう一度見直されることになるんじゃないかしら。

    福島原発に関しては、メルトダウンになる寸前で必死に給水作業を行っている感じがしますね。それにしても、池田ノビー先生からして「核爆発」なんて言葉を使っているのは見過ごせないな。普通に「核分裂反応」と言って欲しいところ。

    放射性元素というものは、それが少量であろうが、半減期にしたがってある確率で勝手に崩壊して放射線(α、β、γ線)などのエネルギーを放出します。これが崩壊熱の正体です。放射性物質がある量以上集まると臨界に達して、連鎖反応を起こします。この連鎖反応を制御しながら運転するのが原子力発電で、一気にエネルギーに変換させるのが原子爆弾です。

    なぜ連鎖反応が起こるかといえば、崩壊する放射性元素から出る中性子が隣の放射性元素を刺激するからです。この反応が連鎖的に起こるのが臨界現象で、これを制御するには中性子の数を減らす必要があります。制御棒というのは中性子を吸い込むことで反応を制御します。制御棒の素材は、昔はグラファイトだったと思うけど、今はよくわからない。

    ところで、軽水炉というのは、核反応を制御するのに水を使う原子炉のことです。普段は水が中性子速度の減速材なのだけど、完全に停止する時に制御棒を使います。いずれにしろ、現在の福島原発の状態は、とにかく注水して核反応を抑制するために奮闘している状態です。報道を見る限り、かなり危ない綱渡り状態。

    ピンちゃんも大して詳しいわけじゃないけど、だんだん深刻な状況になってきているような気がしてます。
    | 科学全般 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
    コメント
    なるほど.
    | saluer | 2011/03/15 4:07 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/3451
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE