ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 水谷豊は妻を蘭ちゃんさんと呼ぶ | main | その男、風邪引きさんにつき >>
男の花道と男の嫉妬
0
    小学生の頃に憶えて以来の将棋ファンである。将棋界には羽生以前、羽生以後という分け方ができると思うのだけど、私は羽生以前の将棋界の頃に熱心に将棋を指していた。腕前は大した事はないけど、一番強かった頃でプロの棋譜を見てそれなりに楽しめるアマ初段前後だった。

    羽生以前の将棋界には一癖も二癖もある棋士が多くいたのだけど、とりわけ忘れられないのが芹澤博文(せりざわひろぶみ)八段である。一般的には「芹沢八段」と呼ばれることが多かった。芹沢さんは1936年生まれだから、その年代の棋士で八段ということは、順位戦でA級まで登りつめたことがあると分かる。

    昔は八段まで登りつめるのが一流棋士の証で、A級の中で最もよい成績を収めた者が名人への挑戦権を手に入れた。つまり、将棋界の頂点に立つのが名人であった。相撲取りなら横綱、政治家なら首相を目指すが如しで、昔の将棋界では名人が全プロ棋士(のみならず全国の将棋ファン)の憧れであった。

    芹沢さんは沼津の神童と呼ばれるほどの逸材で、若い頃は自他ともに認める名人候補であった。一方で、酒と博打が大好きで、問題発言も多いひとだった。放言が多かったのは、自分は将棋の天才であるという確信のなせる技だったはずである。豪放磊落というよりは、繊細さと豪胆さが共存した性格だった。

    1955年にプロの四段になり、3年ほど足踏みした後1958年C級1組に昇級。その後は毎年昇級し1961年に晴れてA級棋士の仲間入りをする。得意の絶頂であったと思う。そんな芹沢さんの将棋人生に翳りが見え始めたのは、2年でA級陥落してからである。

    芹沢さん一生の願いは将棋の名人になることで、A級に復帰しなければその願いはかなわない。しかしながら、2度とA級に返り咲くことはなく、もともと多かった酒量は更に増え、私生活は乱れていった。ときに放言を繰り返しても多くの人に愛されたのは、その明朗快活な性格にあった。芹沢さんの毒舌には湿っぽいしつこさは感じられなかった。

    芹沢さんは交友関係も幅広く──博打関係からだろうと思うのだけど、小説家の色川武大(阿佐田哲也)とも仲がよかった。芹沢さんは1987年、享年51で亡くなっているのだけど、『色川武大 (ちくま日本文学全集)』の中にある「男の花道」で芹沢さんとの交流と彼の死を書いている。私が読んだ中でも屈指の弔文であると思う。

    色川武大 (ちくま日本文学全集)
    色川 武大 筑摩書房 売り上げランキング: 394734

    むろん色川さんは芹沢さんが好きで、芹沢さんの愛すべき側面を突き放すでもなく、思い入れを込めすぎるでもなく淡々と描いている。しかしながら、晩年の芹沢さんの困った面についても軽く描写している。「俺が名人じゃないからって馬鹿にしやがって」。芹沢さんの魂の叫びである。酔うと仲のいい色川さんも閉口するほど乱れることが多くなった由。

    恐らくは、お酒の影響だったろうと思う。既に病気といってよい。可愛がっていた弟弟子の中原や米長が大棋士になり、自分はA級にすら復帰できないのだ。テレビでにこやかに語っている芹沢八段の面影を記憶している方も多いと思うけれど、あの愛すべき笑顔の陰に慟哭があった。テレビやエッセイで活躍する自分に対しても苛立っていたのではないだろうか。

    ・・・

    ここまで書いてきて、私は複雑な気分にならざるを得ない。芹沢さんは将棋指しとして一流にまで登りつめたひとだから、三流研究者で終わった私と比較するのは僭越であるし失礼ですらあるのだけど、スケールを千分の一くらいにすれば我が人生と似ているなと思わずにいられない。研究者としての道を諦めてから特段酒量が増えたわけでもない。昔から同じような飲み方を続けてきたから、そのまま飲んでいるだけである。

    それにしても、幾ら放言しても他人への気遣いは忘れなかった芹沢さんが(だから仲間が多かったのだ)、晩年には仲間も困ってしまうほどの酔態をさらしてしまったことに同情する。そして、現在の自分の行く末を見てしまう。私は実生活では仲間と呼べるほどのひとはいない。けれど、ネット上ではそれなりに仲のいい人や気に入ったブログなどがあるのだけど、最近のツイッターでの醜態は、もうどうしようもない。

    気をつけているつもりなのに、泥酔に近くなると自分でも止められなくなる。気づかないうちにストレスが溜まっているんだろうなと思いつつ、芹沢さん同様、お酒で神経か脳細胞がおかしくなりはじめているんじゃないかと疑っている。どうしたものかと困っているけれど、どうしようもない。

    JUGEMテーマ:日記・一般
    | エッセイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/3408
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE