ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< いろんな生き方と死に方がある | main | 精神貴族で独身貴族で、えーと、貧乏帰属 >>
危ないモノに手を出す男
0
    午前7時40分起床。晴れ。昼は暑かった。

    今日は市内の電気屋さん現場だったので久しぶりに『ゲゲゲの女房』鑑賞。起きた時は気がつかなかったのだけど、昨日仕事で嫌なことがあったものだから飲みすぎてしまったらしい。午前中は宿酔いだし、日中の陽射しは強かった。熱中症で倒れなくてよかった。

    北海道は8月に突入すれば、涼しくなるまでもう少しである。そして、お盆を過ぎれば給料日までもう少しなのである。さて、ピンちゃんの財政健全化策の第一歩は、まず自転車操業的な前借り地獄から抜け出すことである。いや、地獄って程でもないけどさ。

    何しろ今日は仕事中に歩きまくったので疲れました。こうやって毎日7千円とか小銭を稼いで生きていくんだなあ。

    ・・・

    ○あなたが選ぶ史上最強の「ギャグ漫画」と言えば?
    http://news.livedoor.com/article/detail/4921672/

    このランキングの中でピンちゃんが面白いと思ったのは『行け!稲中卓球部』かな。『おぼっちゃまくん』はコロコロコミックの連載だった気がするけど、連載当時すでに大人になっていたので読んでないし。少年ジャンプの『東大一直線』は読んでいたけど、とんでもなく絵が下手だったなあ(笑)。でも、なんだかわからないパワーはあったと思う。小林よしりんは、主人公の学生服を書くとき「ホワイト」の存在を知らず、皺とかは墨汁で白く塗り残していたそうです。すごいもんだ。

    ピンちゃんが読んだ中で一押しのギャグ漫画はやはり『マカロニほうれん荘』です。トシちゃん25才ときんどーちゃん40才の高校生がすばらしい。女の子も可愛いし、トシちゃん25才が使う「カマキリ拳法」を見て、中学生になってから蟷螂拳の練習を始めたような記憶がある。

    話はそれるけれど、中学生の頃仲良しになったタッチとピンちゃんは二人でよくブルースリーごっこをしてました。タッチが熱烈なブルースリーファンだったのです。ピンちゃんも好きだったけど、タッチはマニアといっていいくらいだった。

    最初のうちは、放課後の教室で机を端に寄せ場所を作り、ふたりでばんばん回し蹴りして、それを二の腕で受けてました。映画の見よう見真似だから、回し蹴りと横蹴りしか出来なかったのです(笑)。もうね、ふたりとも腕が青タンだらけになってました。力を受け流すとか高度なことは知らなかったし。

    で、これではつまらないから、何か中国拳法の練習をしようということになり、隣町の本屋まで二人で出かけたのです(地元の本屋には中国拳法の入門書なんてなかった)。ピンちゃんが選んだのが松田隆智先生の『秘門蟷螂拳入門』で、タッチが選んだのが「太極拳入門」。陳家だったか楊式のどちらだったか思い出せないけど。

    ところで、『ゲゲゲの女房』に出てくる水木しげる先生の三人のアシスタントの一人が池上遼一さんだそうです。で、池上さんの作品に『男組』というのがある。格闘技の達人みたいな人がたくさん出てくる漫画だったけど、悪役で蟷螂拳の使い手が出てくるんですよね。くるぶしまで届くような長ランを着て、サングラスをかけていたような気がする。最後は間抜けな負け方をしますが、この漫画もピンちゃんの蟷螂拳偏愛の理由のひとつだと思います。

    あと、テレビドラマ『ザ・ハングマン』の中にも蟷螂拳の使い手が出てきました。あまり強そうには見えなかったけどね(笑)。そして、極めつけは武田鉄也さん主演の『刑事物語』でしょう。根強い人気があるシリーズ映画ですが、刑事役の武田さんが使うのが蟷螂拳なのです。しかも、松田隆智先生に直接習ったそうで、羨ましいことです。

    刑事物語 ハンガーヌンチャク hanger nunchaku


    最後の方、ハンガーヌンチャクが進化して三節棍になってるのが笑える。

    話がギャグ漫画からそれまくっていますが、きんどーちゃん40才より年上になるなんて、想像も出来なかった頃の話です。

    JUGEMテーマ:日記・一般
    | 日記 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(1) |
    コメント
    「北斗の拳」もギャグ漫画なら、「リングにかけろ」も「アストロ球団」もギャグ漫画ですよ。少年ジャンプはギャグ漫画雑誌です。

    小林よしのり先生も絵がうまいのか下手なのかわからないけれど、青木雄二先生も絵がうまいのか下手なのかよくわからない。絵があんまり上手な人の漫画は薄気味悪いですね。本音を言えば。少女マンガには、そういう人がよくいます。そういう人たちは、よくもわるくも本当に優れた職人です。
    | enneagram | 2010/08/04 8:48 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2010/08/04 12:01 PM |
    マカロニほうれん荘なつかすぃ・・・。後はGMEN★75の香港シリーズかなぁ。ガキの頃熱狂したのは。
    | えいねん | 2010/08/04 2:42 PM |
    Gメン75の香港シリーズにいつも出てきた悪役(ボロ?)って、役柄が適当でしたよね。とにかく筋肉ムキムキで悪い人(笑)。倉田保明さんもかっこよかったなあ。

    | ピンちゃん | 2010/08/04 10:02 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/3124
    トラックバック
    あぶない刑事がとにかく大好き
    ロケ地めぐりの話や、思い出の場面など
    | Ayun☆ | 2010/08/14 10:20 AM |
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE