ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 虫だって牛だって暑い夏 | main | クロネコ VS. 役人 >>
七夕に降る雨を
0
    午前7時半起床。晴れ。蒸し暑し。終いにはぐれるぞ。

    いつものように慌しく昼のお弁当を用意し『ゲゲゲの女房』。いつも気になるのだけど、南明奈さん扮する少女漫画家って、誰かモデルがいるんでしょうか。水木しげる先生に片思いするという設定はフィクションだろうけど、その後有名になる誰かなのかな。全くの架空の人物なら、それはそれでかまわないのですが。

    夏ばてに対抗するためには、朝も納豆卵ご飯くらい食べてから出勤すればいいのだけど、どうも朝は食欲がないので無理みたいです。その分、昼はかなりたくさん食べてます。夜は日本酒を飲みながら軽い肴くらいなので、既に夏ばてぎみですが。今日も昼間は蒸し暑くてまいりましたが、仕事は楽でした。ありがたいことです。

    仕事が終わってから、パルパル君を購入したディーラーへ行き、修理してもらいました。せっかく仕事が早く終わったのに、帰宅したら午後6時過ぎ。それでもたいして遅くないか。

    一風呂浴びて日本酒。肴は、もやしの卵とじ。解凍できたらシャケを焼いて食べる予定。

    ・・・

    7月7日は七夕ですか。北海道は基本的に8月7日なのだけど(例外は函館あたりか?)、2回七夕気分を味わえるから、得した気分です。七夕の習慣があるのは東南アジアから極東なんだそうで、興味深いですね。日本には中国から奈良時代あたりに伝わったらしい。

    奈良時代にソーメンを食べていたのかどうかは知らないけど、ソーメンを食べるのが恒例行事であるそうな。知らなかったなあ。知らないといえば、織姫と彦星って、恋人同士が引き裂かれたのかと思っていたら、夫婦だったんですね。意外と知らないことは多い。気をつけねば。

    ・・・

    9時からは『プレデター』。謎のエイリアンと特殊部隊のシュワちゃんが戦う映画。もとは別々の映画じゃなかったかしらん。何となくそんな記憶があるけど、よく思い出せない。どうでもいいけど、大鶴義丹の元嫁に似た女性が出てますね。そういえばマルシアも昔はバラエティの人気者だったのに、最近見かけませんが元気なんでしょうか。

    義丹って、情けない顔しているくせに自宅に浮気相手を引き入れて、現場をマルシアに見られたとかじゃなかったっけ。男の目から見ると、いかにもしょぼい奴に女性って騙されちゃうんだよなあ。男と女を入れ換えても、同じ話は成り立ちそうだけど。

    あらま、話が脱線してますね(笑)。

    プレデターって視力が弱くて、赤外線暗視装置みたいなものを通してものを見ているような設定だけど、ということはどこかの星で文明社会を築いていながら地球にやって来たんでしょうか。ひとりしかいないとか、設定に謎が多いですよね。

    「オマエハイッタイナンダ?」
    「・・・」ニヤリと笑いエイリアン自爆


    異性人だかエイリアンだかしらないけれど、シュワちゃんとの最後の会話は上の通り。かように、文化や歴史が違う者たちの相互理解は難しいのです。

    JUGEMテーマ:日記・一般
    | 日記 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    本当の七夕は、旧暦の七月七日なのです。だから、北海道の八月七日のほうが適切。だいたい、梅雨明けしていないのに七夕なんて変でしょ。お盆も、旧盆がただしい。だから、月遅れで八月十五日にお盆をする北日本のほうが適切。わたしは、占星術師で、風水師だから、暦にはうるさいのです。失業してからは、通常2月はじめの旧正月には、湯島聖堂に参拝しています。

    私がほめてもピンちゃんが私を信じられないのは、申し訳ないけれど、ピンちゃんが自分を信じられないからです。ピンちゃんが自分を信じられないのは、ピンちゃんが神様を信じられないからです。中島みゆき様やボニー・レイット様のような人たちは、この世の人々が多少でも賢く心優しくなれるように、文学と音楽の神様である弁財天様がこの世に遣わしてくださった弁財天様のお遣いたちです。中島みゆき様が神様のお遣いであることが信じられるなら、一日七回「おん・そらそばていえい・そわか」と弁財天様のご真言を唱えると、近々必ずよいことにめぐり合えます。ゆめゆめ疑うことなかれ、と申し上げておきましょう。
    | enneagram | 2010/07/08 9:03 AM |
    どーでも良い話ですが、往古は商・周ではなく、夏暦を行えと言われていましたね。個人的には三島の暦で生きていきたいものです。

    | えいねん | 2010/07/09 11:41 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE