ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
<< 雪虫の羽音よりもひそやかに雪が降る | main | 雨ニモ負ケズ雪ニモ負ケズ >>
他人の痛みを感じる器官があれば、長生きはできない
0
    先週から札幌某所で排雪・除雪の警備をしているのだけど、仕事が終わるのは、だいたい早朝の5〜7時です。7時頃になると交通量が飛躍的に増えてきて、とても仕事にならなくなるので(というか、警備員の能力の限界に達する)、中途半端でもそれくらいが限度なのです。

    7時に終わったとして、帰宅すると9時近くになっています。すぐにバスタブにお湯を張り、一風呂浴びて晩酌ならぬ朝酌を始めます。テレビをチラ見しながら2ちゃんの複数スレを巡回したり、赤貧日記を更新したりするのだけど、決まって9時55分からはテレ朝系列で『必殺仕事人』の再放送を観ています。

    山田五十鈴さんやひかる一平さんが出演しているのを懐かしく思いながら、藤田まことさんが若くて驚いています。加代役の鮎川いずみさんも若くて、とても綺麗ですね。他ではどんなドラマに出ていたんでしょうか。演技も上手いし美人だし、もっとテレビで観たいものです。

    もちろん、主水の嫁と姑役の、菅井きん、白木万理ご両人はいつみても見事です。暗殺という裏家業に生きる人々の物語だから、暗く陰惨な話がメインストーリーなのだけど、最後に、このふたりとのやりとりで、主水は救われるのです。観ているピンちゃんまで救われた気分になります。

    ・・・

    ○米マイクロソフト、5000人を削減へ 初の大型リストラ
    http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090122AT2M2203F22012009.html

    マイクロソフト、お前もか!

    ○太宰治の代表作「人間失格」が角川で映画化
    http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000i3zco.html

    太宰の小説を原作とした映画化ラッシュなんですか。太宰好きのピンちゃんとしては、やや微妙な気分。たぶん、映画は観ないだろうな。

    ○死因究明制度:解剖医倍増、国に提言…法医学会
    http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090120k0000e040024000c.html

    日本の検死制度ってどうなっているのか、気になっていたんですよね。しげるおっちゃんの遺体は、警察署の裏にある物置みたいな粗末な建物に、小汚い布を掛けられて置かれていたと母が申しておりました。それを聞いて、自宅アパートでの孤独死だからしょうがないのだろうと思ったけど、やはり可愛そうに思いました。

    ちょっと飛躍するけれど、孤独死とはいえ寿命であった叔父の死でも、大いに動揺してしまったピンちゃんは、「神隠し殺人」「闇サイト殺人」のご遺族の心情を想像すると──いや、当事者じゃないとわからない悔しい気持ちなんだろうし、気軽に想像なんていってはいけませんね。

    JUGEMテーマ:日記・一般

    | 日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sekihin.jugem.jp/trackback/2403
    トラックバック
    ひかる一平
    ひかる 一平(ひかる いっぺい、本名:谷口 一郎(たにぐち いちろう)、1964年5月11日 - )は東京都大田区大森出身の俳優である。 元々は、ジャニーズ事務所に所属した男性アイドル・歌手であった。 その後「サードプロデュース」を経て、現在は「クロスポイント
    | ジャニーズジャニーズジャニーズ | 2009/02/15 4:37 PM |
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENT
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE