ピンちゃんの赤貧日記

明日は明日の風が吹く
退院&帰宅
0
    ママンと兄貴が思ったより早く迎えに来てくれたので、8時半に無事退院。

    アパートに直行してそのまま三人で部屋の大掃除や買い物などで大わらわ。兄貴は娘さんが東京から戻ってくるということで昼過ぎに新千歳空港へ。ピンちゃんがママンを実家まで送り届け、所用を済ませ午後3時に帰宅したところです。

    今日の赤貧日記はいつもどおり1日遅れで明日更新する予定です。

    まずは無事の退院&帰宅のお知らせまで。
    | 雑文 | 00:00 | comments(7) | trackbacks(0) |
    【おしらせ】
    0
      明日の朝から北大病院に検査入院することになりました。何日くらいの入院になるのかわかりません。赤貧日記は携帯から更新できると思いますが、詳細は後程。ちなみに元気ですので心配ご無用です。

      時間がないので取り急ぎお知らせまで。

      ピンちゃん
      | 雑文 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
      徒然なるままに
      0
        ピンちゃんがインターネットを利用するようになってから20年以上がたち、ほんと月日の流れは早いものだと驚いてます。年を取ったせいか昔ほど熱心に他人のブログを巡り歩くということは少なくなってきたのだけど、某作家のブログはいまでも足繁く覗きに行っております。そこのコメント欄には昔からの常連さんが多くて、社会問題から軍事まで諸事一般についてああだこうだと日夜議論してます。

        毎晩のように酔った勢いでつたない意見を書き込んでみたり、しばらく足が遠のいたりということを繰り返しながら10年以上の付き合いです。そこでよく見かけた常連投稿者のひとりが3月9日に亡くなったそうです。ピンちゃんは勝手にモチモチさんと呼んでいたのだけど、そのモチモチ氏の御子息が代理でコメント欄にて訃報を知らせてくれました。その後のコメント欄にはモチモチ氏への弔辞コメントが並んでおります。

        他人への関心が薄いピンちゃんはモチモチ氏のひととなりや経歴などあまり記憶してないけど、五十代後半くらいで大企業に勤めていて、アメリカに赴任していたこともあったように思います。独特のフォーマットで長文投稿する方でした。ピンちゃんは仕事中の昼休みに携帯電話の小さな画面で読むことが多いので、ちょっと困ったなあと思うこともしばしばでしたが。

        ──とここまで書いて、大事なことを書き忘れていました。そこのコメント欄は基本的にブログ主である某作家のファンが集うところで、新作が出ると各地から某所で〇〇ゲットしましたなどのコメントが書き込まれるようなところです。そういう雰囲気のコメント欄で、よく見かける人だなという程度の認識しかなかったモチモチさんなんだけど、昨年ピンちゃんが入院したとき、赤貧日記に突然コメントしてくれたのです。

        モチモチさんも腎臓癌の切除手術かなんかで入院中か自宅療養中だったのかな。それでピンちゃんが入院していることに気づいてくれたのかもしれません。入院がどれくらい長引くのかよく分からない不安な頃だったから、コメントしてくれてありがたかったです。

        ・・・

        以上書いたように直接の面識はなく、他人のブログのコメント欄でハンドルネームしか知らないような仲ではあったけど、亡くなったと聞いて少しく落ち込んでいます。奇しくも今日は3月11日。年を取るにしたがって知人の訃報に接することが多くなるのは自然なことではあるけど、春はそこまで来ていたのにと残念でなりません。
        | 雑文 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
        極私的2016年の出来事
        0
          さて、今年もあと二日ということで年の瀬もすっかり押し迫ってまいりましたが、ピンちゃんの赤貧日記100万読者の皆様におかれましてはいかがお過ごしの事でしょう。この時期になるとテレビなどでもその年に起きた出来事などを振り返る番組が目白押しになります。日本で起きた大事件の事もあるし世界的な出来事もありますね。

          ということで、ピンちゃんが今年の出来事から印象深いものを10個選んで、それにコメントなどを添えて今年を振り返ってみようと思います。世界の10大事件ということではなく、あくまでピンちゃんが個人的に印象に残った出来事なので、他の人にはあまり興味ないことが多いでしょうがご寛恕のほどを。

          ・・・

          1位:ピンちゃん慢性膵炎で入退院
          まずはこれですね。いやー、ほんとに驚きました。30年も飲んだくれてきたから、遠からず肝臓がいかれるか本格的なアル中になって死ぬんだろうなと漠然と思っていたのだけど、まさかの膵臓。最初は膵臓の位置からして知りませんでした。

          あと、退院後ピタリとお酒を断って10か月たったことも驚きです。思い返せば高校を卒業する少し前辺りから飲み始め、大学生の頃にはいっぱしの大酒のみになっていたので、そんな簡単にお酒をやめられるとは思ってなかった。いまはお酒を飲まない代わりにせっせと甘いものを食べるスイーツ男子に変身しております。

          2位:ピンちゃんの歯医者さん通い
          いやー、どうでもいい話ばかりで申し訳ない。毎晩酩酊してそのまま寝るもんだから碌に歯を磨かないでいたら虫歯で酷いことになってまして、ちょうど懐にも余裕ができてきたところだったので歯医者に通うことにしたのです。今年は15回治療して差し歯2本までこぎつけました。

          おかげで仕事を休むこともあるのが痛い所なんだけど、実はピンちゃんは歯医者が好きなので毎週楽しみにしております。

          3位:遂にピンちゃん帝国の財政健全化
          わはは、50年の人生でほとんど初めて無借金状態になり申した。おかげさまで歯医者さんにも通えるし、最近はしばしば映画館で映画を鑑賞しております。

          4位:トランプ氏、次期米国大統領に
          アメリカの話だから普通なら誰が大統領になろうが知ったこっちゃないのだけど、これは驚いたなあ。東西冷戦でソ連に勝ったはずのアメリカだけど、内部から崩壊しかけてるんじゃないかと心配になる。トランプ政権が4年で終るか8年続くか見もの。

          5位:相模原障害者施設殺傷事件
          欧米ではしばしば大量殺人事件が起きるけど、まさか日本でこんなことがあるとは思っていなかった。あまりのことに現実感が希薄なほどで、しかも被害者が障害者ということで、日本社会はこの問題をスルーしてしまった印象が強い。

          6位:熊本地震 (2016年)
          最初に起きた地震が震度7だったから、てっきりこれが本震で、あとに余震が起きるとしても徐々に揺れ方は治まっていくだろう──根拠なんてないのになんとなくそう思っていたら、二日後にもっと強烈な地震がおきて被害が大きくなったんでしたね。

          前震、本震、余震というのは一連の地震活動が治まってから気象庁(地震学者?)が決めることだから、安易に判断してはいけなかったんですね。

          7位:ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件
          『この事件で、民間人20人、犯人6人、警察官2人の死亡が確認され、50人の負傷者が出たが負傷者の大部分は警察官であった』
          この民間人20名の死亡者の中に日本人が7名含まれていたんですね。日本人が海外でテロに巻き込まれ死亡したケースでは最も多いのではないかしら。イスラム国がらみのテロが世界で頻発していて困ったことです。

          8位:イギリスのEU離脱
          意識の上ではアメリカより遠いところにある欧州の事だから、それほどのショックということではなかったのだけど、やはり世界史的には大きな出来事です。しかも、大元にあるのは移民難民問題で、その負担にイギリス人が耐えられなくなったということなんでしょう。その後のトランプ大統領誕生といい、欧米に異変アリですね。

          9位:オバマ大統領広島訪問&安倍首相真珠湾訪問
          どちらも歴史的な出来事で、お互いに公式な謝罪こそありませんでしたが、日米両国民の心の中でしこりとして残っていたものが解消される契機になったのではないかと期待しています。月並みな言葉ではあるけど、過去は消せないけれど、未来はいまから作ることが出来るのです。

          10位:トリプル台風 目先警戒は11号
          とても変則的なトリプル台風9号、10号、11号が大きな被害を出しました。ピンちゃんが住む北海道でも橋が落ちたりして大騒ぎ。特に274号線沿いの被害が大きくて、未だに日勝峠は一般車は通行止めになっています。

          ・・・

          ということで、思い浮かぶままに2016年の10大ニュース的なことを書いてみました。これ以外にもいろんなことがあったはずだけど、まあ、日本ハムが日本一とかリオ五輪関係なんかもありましたね。特に男子100m×4リレーでの銀メダルは感動したな。

          あとは有名人の訃報なんかもあるけど、そういうのを書きだすと10位に収まらなくなるので、このエントリはこれでおしまい。
          | 雑文 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
          『鳥越俊太郎「女子大生淫行」疑惑』を読んでみた
          0
            文春や新潮を買わなくなって久しいのだけど、ネットで散発的に見かける鳥越批判だけでは全容が分からない。なので、文春の当該記事を読んでみないことにははじまらないと判断し、400円だして購入してきた。

            世の中には、記事の内容は気になるけどそれだけのために週刊誌を買うのはもったいない、と思う人もいるであろう。そこで、不肖わたくしが内容をご紹介しようと思い立った次第である。

            ・・・

            記事は当該号22〜25頁で、分量としてはそれほど多いものではない。最初の見開きページの上半分は写真と特大活字で埋められているから、実質的な記事は三ページ分である。タイトルは、

            『鳥越俊太郎「女子大生淫行」疑惑』

            で、サブタイトルは「被害女性の夫が怒りの告白!」となっている。



            まず、登場人物を紹介しておけば、

            鳥越俊太郎(76):1940年生まれ
            永井一晃(仮名・30代後半)
            A子さん(2002年当時大学二年生)

            淫行疑惑事件が起こったのが2002年──14年前の出来事であり、鳥越氏は当時62才。還暦過ぎである。

            ・・・

            記事の書き出しは文春編集部のいい訳から始まる。この時期に記事化することで都知事選になんらかの影響を与える懸念はあるが、公益性に鑑み決断した云々という意味のことが書いてある。記事の本筋とは関係ないので省略。で、そもそも都知事選の取材をする過程で鳥越氏の醜聞を知り記事にするに至ったとも書いてある。

            続いて鳥越氏がかなりの女好きであるらしいという証言が幾つか載っている。まあ、この辺もどうでもよい。

            ただし、鳥越氏が名をあげるきっかけになったのがサンデー毎日編集長時代にスクープした「宇野首相愛人問題」であったことは記憶しておいた方がいいと思われる。当時は「三つ指愛人問題」などとも言われたけれど、これは宇野元首相が芸者の指を三本握って、これでどうだ(月30万円の意)などとせまったという生々しい話が出てきたからだったと記憶している。

            ・・・

            さて、2002年に鳥越氏の行った淫行疑惑とはどんなものか。絶対匿名を条件に有名私立大学関係者が語ったところによれば、、、

            「鳥越氏は、十数年前、ウチの大学によく来ていました。あるメディア関係の教授と親しかった関係で、その教授のゼミなどを訪れて、学生たちとも交流をもっていたんです」

            「特にマスコミ志望の学生などは鳥越さんを慕っていたし、鳥越さんもよく学生たちの相談にのっていたようです。一方で学生たちの間では、『鳥越さんは露骨にかわいい女の子にばかり声をかけている』という評判もあった。地方出身の女子学生に、鳥越さんが『東京の父と思いなさい』と声をかけているのを聞いた人もいます」

            「ある日、鳥越さんは、とりわけ気に入っていた女子学生を別荘に連れ込んで、強引にみだらな行為を行ったんです。これが原因で、鳥越さんは大学を出入り禁止になったんです」

            ──以上の証言を基に取材を重ねた結果わかったことをもう少し詳しく書いている部分が続くのだけど、枝葉末節であろうからこれ以上は引用しない。

            ・・・

            要するに鳥越氏が某有名私大の大学2年の女子学生を別荘に呼び出し、いいよったけれど拒絶されたということである。タイトルにある「淫行」の中身はキスどまりで、それ以上の行為には及んでいない(及べなかった)そうである。

            別荘での会話の断片らしきものが「」付きの会話体で書いてあるのだけど、ここで疑問が幾つかある。まず、被害者A子さんの誕生パーティを口実に別荘に誘ったようだけど、これはA子さん一人だけだったのか、数人のグループだったのか。記事には鳥越氏のセリフとして、

            「二十歳にもなって、そんなに性のことを知らないのか」
            「大人の恋愛というのはこういうものだよ」
            「バージンだと病気だと思われるよ」
            「ラブホテルに行こう」

            などと具体的に書かれているのだけど、二人きりであればA子さんしか知らないセリフであろう。記事の書き方からすると、どうも別荘へはふたりきりで行ったらしい。

            冒頭に記した登場人物の永井一晃(仮名)氏というのがA子さんの当時の恋人で、現在の旦那さんであるそうだ。従って、上のセリフはA子さんから事情を聞いた旦那さんが文春記者に語った内容なのだろう。

            記事を読んだ限りでは、上のセリフの行間にキス以上セックス未満の行為があっても不思議ではないと思われるが、これを「淫行」とするのは大げさな表現だろうと感じる。特に、この出来事で心に傷を負ったA子さんが「死にたい」と口にするようになったというのも大げさに感じる。

            しかし、別荘の事件までキスもしたことがなかったという話が事実なら、A子さんは確かに恋愛に関してはかなり奥手だったのだろう。鳥越氏は当時すでに有名人であったし、恐らくはA子さんの父親よりも年上だったろうから、まさか肉体関係を求められるとは想像できなかったのかもしれない。

            この辺は個人差があるだろうから、推測でものを言ってもしょうがない部分ではある。

            ・・・

            記事のその後は、A子さんの様子をおかしく思った永井氏が別荘での出来事を聞き出し、鳥越氏を含めた三名での話し合いの様子が書かれている。細かいところをぼかして書いてあるようなので少々はがゆい文章がつづくのだけど、記事全体を読むと大まかな話の流れは事実であるように思われる。

            当時この話を聞きつけた週刊新潮が某私大の学生に取材したりして記事になる寸前であったそうだ。



            当の鳥越氏は事実無根として週刊文春を訴えると息巻いているそうであるが、どこまでを事実無根と主張しているのかはよく分からない。まさか、(ふたりきりで)別荘に行ったところまで否定はしないと思われるが、この件に関しては全て弁護士に任せているとしか発言していないようである。

            宇野元首相のプライベートな女性関係を徹底追及した元週刊誌編集長としては、少々歯切れの悪いことではある。

            ・・・

            客観的に状況を整理すると、還暦過ぎの有名人が二十歳の女子大生を別荘に誘いだし、ことに及ぼうとして果たせなかった。要約してしまえばこれだけである。

            これだけで鳥越氏が都知事として不適格だとするのは少々言い過ぎではないかと思いつつこの記事を読み終えた。
            | 雑文 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
            CALENDAR
            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << May 2017 >>
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            SELECTED ENTRIES
            CATEGORIES
            RECENT COMMENT
            ARCHIVES
            モバイル
            qrcode
            LINKS
            PROFILE